記事にPRを含む場合があります

ダイエットにいい果物・太る果物ランキング

ライフ

果物(フルーツ)は、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富で、ダイエットに役立つ食材です。

甘くて美味しいのでつい食べ過ぎてしまう人も多いでしょう。そこで今回は果物を選ぶときの参考になるような下記の内容をご紹介します。

  • ダイエットにいい果物、太る果物はどんなの?
  • ダイエットにいいフルーツ トップ10
  • 太る果物 トップ5

ダイエットにいい果物、太るの果物のランキング作成にあたっては、100gあたりのカロリーを基準としています。(データ引用元)日本食品標準成分表(八訂)増補2023年

ダイエットにいい果物・太る果物とは

ダイエットにいい果物

ダイエットにいい果物は、カロリーが低く、食物繊維が豊富なものが多いです。食物繊維は、腸内環境を整えて便秘を解消し、満腹感を高める効果があります。また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、健康維持にも役立ちます。

具体的には、以下のような特徴があります。

カロリーが低い

ダイエットにいい果物は、100gあたりのカロリーが60kcal以下のものが多いです。

食物繊維が豊富

食物繊維は、腸内環境を整えて便秘を解消し、満腹感を高める効果があります。ダイエットにいい果物は、100gあたり1g以上の食物繊維が含まれているものが多いです。

ビタミンやミネラルが豊富

ビタミンやミネラルは、健康維持に欠かせない栄養素です。ダイエットにいい果物は、ビタミンCやカリウムなどのビタミンやミネラルが豊富に含まれているものが多いです。

太る果物

太る果物は、カロリーや糖質が高いものが多いです。カロリーが高い果物は、食べ過ぎると太る原因になります。また、糖質が多い果物は、血糖値が上がりやすく、太りやすくなります。

具体的には、以下のような特徴があります。

カロリーが高い

太る果物は、100gあたりのカロリーが60kcalを超えるものが多いです。

糖質が多い

糖質は、体内でブドウ糖に分解され、エネルギー源になります。しかし、食べ過ぎると余分なエネルギーが脂肪として蓄積され、太る原因になります。

果物を食べるときの目安

果物は甘く美味しく、さっぱりしているものが多いので、つい食べ過ぎてしまいます。

果物を取り入れる際は、以下のようなことに注意しましょう。

  • 1食あたりの量は、100g程度を目安にしましょう。
  • 糖質量が多い果物は、食べ過ぎに注意しましょう。

ダイエットにいい果物ランキング

ダイエットにいい果物ランキングのトップ10です。

カロリーが低く、食物繊維が豊富なものが多いです。

食物繊維は、腸内環境を整えて便秘を解消し、満腹感を高める効果があります。また、果物にはビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、健康維持にも役立ちます。

なお、カロリーごとに順序づけをしていますが、数キロカロリーの違いはあまり気にしなくても大丈夫です。

順位果物カロリー特徴
1いちご31kcalビタミンCが豊富で、美肌効果や免疫力アップに期待できる。食物繊維も豊富で、便秘解消や満腹感アップにも効果的。
2もも38kcalビタミンCやカリウムが豊富に含まれている。また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも豊富で、抗酸化作用や血行促進作用などの効果が期待できる。
2なし38kcal食物繊維が豊富で、便秘解消や満腹感アップに効果的。また、ビタミンCやカリウムも豊富に含まれている。
4グレープフルーツ40kcalビタミンCが豊富で、美肌効果や免疫力アップに期待できる。また、カリウムも豊富に含まれている。
4メロン40kcalカリウムが豊富で、むくみ解消に効果的。また、ビタミンAやCが豊富に含まれている。
6すいか41kcalカリウムが豊富で、むくみ解消に効果的。また、ビタミンCも豊富に含まれている。
7みかん49kcalビタミンCが豊富で、美肌効果や免疫力アップに期待できる。また、カリウムも豊富に含まれている。
8りんご53kcal食物繊維が豊富で、便秘解消や満腹感アップに効果的。また、ポリフェノールの一種であるポリフェノールも豊富に含まれている。
9ぶどう58kcalポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富で、抗酸化作用や血行促進作用などの効果が期待できる。また、ビタミンCやカリウムも豊富に含まれている。
10マンゴー68kcalビタミンCやカリウムが豊富に含まれている。また、ポリフェノールの一種であるカロテノイドも豊富に含まれている。

太る果物ランキング

太る果物ランキングトップ5を紹介します。

太る果物は、カロリーや糖質が高いものが多いです。カロリーが高い果物は、食べ過ぎると太る原因になります。また、糖質が多い果物は、血糖値が上がりやすく、太りやすくなります。

太る果物としてまずあげられるのは、レーズンやプルーンなどのドライフルーツです。ドライフルーツは乾燥している分、重さあたりのカロリーが高くなるので要注意です。

その他、脂質や糖質が多いものがランキングに入っています。

順位果物カロリー特徴
1レーズン324kcalドライフルーツのためカロリーが高い。食物繊維も豊富に含まれているが、糖質も多く含まれているため、食べ過ぎに注意が必要。
2プルーン211kcalドライフルーツのためカロリーが高い。食物繊維も豊富に含まれているが、糖質も多く含まれているため、食べ過ぎに注意が必要。
3アボカド176kcal森のバターと呼ばれるほど脂質が多く含まれる。ただし、コレステロールは微量で、脂質のほとんどは健康に良いとされる不飽和脂肪酸。食物繊維も含まれている。ただし、カロリーや脂質が高いため、食べ過ぎに注意が必要。
4ココナッツ157kcalココヤシの果実。カロリーや脂質が高いため、食べ過ぎに注意が必要。
5バナナ93kcalカリウムが豊富で、食物繊維も含まれている。ただし、糖質が高く、食べ過ぎると太る可能性がある。