記事にPRを含む場合があります

6フィートって何センチ?【もう迷わない!換算早見表付き】

ライフ

「6フィート」ってよく聞くけど、実際何センチなの?

身長や海外ドラマ、スポーツ観戦などで「フィート」という単位を耳にする機会が増えましたよね。でも、普段使い慣れているセンチメートルに換算すると、一体どれくらいの長さになるのでしょうか?

この記事では、

  • 6フィートは何センチなのか
  • フィートからセンチへの簡単な換算方法
  • 覚えておくと便利な換算早見表

などをわかりやすく解説します。

この記事を読めば、もう「6フィートって何センチ?」と悩むことはありません!

6フィートって何センチ?

6フィートはセンチメートルだと何センチ?

6フィートは、182.88センチメートルです。

日本人男性の平均身長は171cmなので、6フィート (182.88cm) は平均よりも10cm以上高いことになります。

NBA選手の平均身長は約200cmなので、6フィートはNBA選手の中でも比較的小柄な部類に入ります。

1フィートの由来は、英語の「foot」(足)です。

その名の通り、古代においては、人間の足の大きさを基準とした身体尺として用いられていました。

ただし、時代や地域によって基準となる足の大きさが異なっていたため、現代の1フィート(30.48cm)に統一されるまでには紆余曲折がありました。

フィートからセンチメートルへの換算方法

1フィートは30.48センチメートルです。

フィートからセンチメートルへの換算は、次の式で計算できます。

フィート × 30.48 = センチメートル

例えば、6フィートをセンチメートルに換算する場合:

6フィート × 30.48 = 182.88センチメートル

覚えておくと便利な換算早見表

フィートセンチメートル
1フィート30.48cm
2フィート60.96cm
3フィート91.44cm
4フィート121.92cm
5フィート152.4cm
6フィート182.88cm
7フィート213.36

まとめ

この記事では、「6フィートは何センチか」について解説しました。

1フィートが30.48センチメートルであることだけ覚えておきましょう。

フィートからセンチメートルへの換算は少し面倒ですが、この記事で紹介した換算式や早見表を活用すれば、簡単に計算できます。

海外の情報を理解する際や、スポーツ観戦などを楽しむ際に、ぜひこの記事を参考にしてください。