記事にPRを含む場合があります

【図解】1ヘクタールは何平方メートル?具体的な広さをわかりやすく解説!何アールで何坪かについても

ライフ

「1ヘクタール」という言葉を耳にしたことはありますか?

ニュースや不動産情報などで目にすることも多い単位ですが、具体的にどれくらいの広さなのか、ピンとくる方は少ないかもしれません。

この記事では、1ヘクタールが何平方メートルなのか、具体的なイメージが湧くようにわかりやすく解説します。

この記事を読めば、もう「ヘクタール」という言葉に惑わされることはありません!

1ヘクタールは何平方メートル?

結論から言うと、1ヘクタールは10,000平方メートルです。

でも、これだけでは数字が大きすぎて、いまいちピンと来ないですよね。

そこで、1ヘクタールを身近なものに例えてみましょう。

1ヘクタールを身近なものに例えると?

1ヘクタールは、だいたい以下の広さに相当します。

  • 学校の校庭:小学校の校庭とほぼ同じくらいの広さです。
  • サッカーコート:サッカーコート約1個分の広さです。
  • 東京ドーム:東京ドームのグラウンド部分とほぼ同じ広さです(東京ドーム全体では約4.7ヘクタール)。

※25メートルプールだと36個分です

どうでしょう?少しイメージが湧いてきましたか?

1ヘクタールは何アール?何坪?

1ヘクタールは、他の面積の単位では、以下のようになります。

  • 1ヘクタール = 100アール
  • 1ヘクタール = 約3,030坪

アールや坪は、主に農地や宅地の面積を表す際に使われる単位です。

ヘクタールはどんな時に使うの?

ヘクタールは、主に以下のような場面で使われます。

  • 農地や森林の面積
  • 都市計画における土地の区画整理
  • 大規模な開発事業における土地の面積

ニュースなどで「東京ドーム○個分の広大な土地」といった表現を耳にしたことがある方もいるでしょう。

これは、広大な土地の面積をわかりやすく伝えるために、東京ドーム(約4.7ヘクタール)を基準に例えているのです。

まとめ|1ヘクタールは意外と身近な単位

この記事では、1ヘクタールは何平方メートルなのか、身近なものに例えて解説しました。

1ヘクタールは、学校の校庭やサッカーコート、東京ドームのグラウンド部分とほぼ同じ広さで、100アール、約3,030坪に相当します。

1ヘクタール
= 10,000平方メートル
= 100アール
= 3,030坪

ニュースや不動産情報などで「ヘクタール」という言葉を耳にした際は、ぜひこの記事を思い出して、具体的な広さをイメージしてみてください。