記事にPRを含む場合があります

【ためしてガッテン】口内炎を早く治す方法について解説

ライフ

口内炎は、誰もが経験する可能性のある口腔内のトラブルです。痛みや不快感で食事や会話に支障をきたすことも多く、早く治したいと考える人も多いでしょう。

ためしてガッテンで紹介された、口内炎を早く治す方法について解説します。

(参考)ためしてガッテン「口内炎スピード完治!」 2009年02月25日放送
Internet Archive

ためしてガッテン口内炎を早く治す方法

ためしてガッテンで紹介されたのは、アフタ性口内炎。最も一般的な口内炎です。円形または楕円形の潰瘍が口腔内にできます。

アフタ性口内炎の原因

アフタ性口内炎の原因は、まだ完全には解明されていません。ためしてガッテンでは、口の中の最近が原因であると説明されていました。

口の中にできた傷に細菌が繁殖すると炎症を起こし、口内炎になります。多くの場合は、だ液によって細菌が洗い流され、口内炎になる前に傷が治ります。しかし、だ液が減ると口内炎になりやすくなります。

ためしてガッテン「口内炎スピード完治!」 2009年02月25日放送

その他にも以下の要因が関係していると考えられています。

免疫機能の低下

ストレス、睡眠不足、疲労などが原因で免疫機能が低下すると、アフタ性口内炎ができやすくなります。

栄養不足

ビタミンB群やビタミンC、亜鉛などの栄養素が不足すると、粘膜の抵抗力が弱くなり、アフタ性口内炎ができやすくなります。

口腔内の刺激

歯磨き粉や入れ歯などが口腔内の粘膜を刺激して、アフタ性口内炎ができることがあります。

口内炎を早く治す方法

口の中の細菌が原因と分かれば、治す方法はその細菌を減らすこと。

番組では洗口液でのうがいにより、3時間以上は細菌が少ない状態を保つことができ、その結果すぐ治すことができると説明されています。

口内炎を根本から治すためには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があります。そのためには、殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(せんこうえき)を使ったブクブクうがいが効果的です。実験によると、20秒のブクブクうがいを3回行った場合、口の中の細菌を10分の1程度に減らすことができました。しかも、その効果は3時間以上持続したのです。実際、口内炎に悩むAさんにこの方法を試してもらったところ、口内炎ができても、すぐに治るようになりました。

口内炎を早く治す方法4つのポイント

口内炎を早く治すためには、以下の方法が有効です。

口腔内を清潔に保つ

食後は歯磨きやうがいをしっかりと行い、口腔内の細菌を減らしましょう。

ビタミンB群を摂取する

ビタミンB群は、粘膜の健康維持に役立ちます。レバー、豚肉、魚、卵、乳製品などの食品を積極的に摂取しましょう。ためしてガッテンによると、ビタミンB2不足が原因で口内炎になっている人は、10~20%程度とのことです。

刺激物を避ける

辛い食べ物や熱い飲み物は、口内炎を刺激して痛みを悪化させることがあります。刺激物は避けましょう。

市販薬を使用する

口内炎の痛みや炎症を抑える効果のある市販薬があります。症状に合わせて使用しましょう。

ステロイド剤は、免疫細胞の働きを抑制し痛みを和らげます。つまり、原因をなくすのではなく、症状を緩和させる、対症療法です。そのため、使い方によっては長引くこともあります。

以下は、口内炎を悪化させる可能性のあるNG行為です。

  • 口内炎を触ったり、いじったりする
  • 刺激のある歯磨き粉を使用する
  • 喫煙する
  • ストレスを溜める

口内炎が大きくなったり、数が増えたり、2週間以上経過しても治らない場合は、歯科医院を受診しましょう。