記事にPRを含む場合があります

アレルビがAmazonで安いのはなぜ?その3つの理由に迫る

ビジネス

花粉症やアレルギー性鼻炎に悩む方にとって、症状を和らげる薬は必需品。しかし、毎日のように服用するとなると、薬代も馬鹿になりませんよね。そこで注目なのが、近年人気を集めているジェネリック医薬品「アレルビ」です。

アレルビは、アレグラと同じ有効成分「フェキソフェナジン塩酸塩」を配合しながら、圧倒的な低価格を実現していることで知られています。しかし、なぜアレルビはこんなに安いのでしょうか?

この記事では、アレルビがAmazonで安い理由について解説します。

Amazonでアレルビが安い理由とは

ジェネリック医薬品だから

アレルビは、先発医薬品であるアレグラの特許が切れた後に発売されたジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を同じ量配合しているため、効果は同じです。しかし、開発費用が抑えられるため、先発医薬品よりも大幅に安く(1/3程度)販売することができます。

特許の有効期間は20年間(医薬品は治験などを含めると最長25年)です。アレルビは2016年に発売されており、アレグラの特許が切れた以降に発売されています。

ジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認されていることから開発期間やコストを大幅に抑えられ、結果として薬の値段も先発医薬品と比べて5割程度、中にはそれ以上安く設定することができます。

政府広報オンライン

アレグラとアレルビの比較

項目アレグラFXアレルビ補足
有効成分フェキソフェナジン塩酸塩フェキソフェナジン塩酸塩同じ
(ただし添加物には違いあり)
含有量1錠あたり60mg1錠あたり60mg同じ
服用方法1日2回、1回1錠1日2回、1回1錠同じ
価格高価:56錠¥2,910
(割引前参考価格: ¥3,850)
安価:56錠 1,000円以下
(参考価格: ¥3,135)
アレルビの方が安い
その他先発品ジェネリック医薬品アレルビはジェネリック医薬品

後発品は価格が安いため、ジェネリック製薬会社では薄利多売の構造になります。売上に対する原価率が高いのが特徴です。

日経新聞の記事で、「先発医薬品中心の企業」と「後発薬に特化した企業」の収益構造の比較をしています。興味のある人は見てみてください。

(参考)会計が分かるクイズ 「医薬品企業」対決 – 日本経済新聞

ネットショップのメリット

アレジオンがAmazonで安く提供される理由の一つは、ネットショップの利点です。

従来の実店舗に比べて、ネットショップは店舗維持にかかるコストが大幅に削減されます。家賃、人件費、光熱費などの負担が少ないため、これらのコストを削減できることが、製品の価格を低く抑える要因となっています。

消費者はこれらのネットショップのメリットを享受することで、アレルビを手頃な価格で入手することができます。

ただし、2,000円未満の場合は送料がかかりますので注意が必要です。

Amazonには「Amazonマーケットプレイス」という登録した業者が販売できる仕組みがあります。どの業者が販売しているかについては、販売元を確認にするようにしましょう。

  • Amazon自身が販売:「販売元 Amazon.co.jp」と表示
  • Amazon以外が販売:「販売元 xxxxx」と表示(実際に販売する業者の名前が表示されます)

仕入先への交渉力

アレルビがAmazonで安く販売される背景には、仕入先への交渉優位性があります。

Amazonの大規模な取引量を活かし、仕入れ先に対して立場が強く、価格交渉力が高いことが挙げられます。

大量仕入れや効率的な在庫管理により、仕入や販売原価を抑えることができるため、その分を価格に反映し、消費者にリーズナブルな価格で提供することができます。

なぜAmazonでアレルビが安いかのまとめ

アレルビがAmazonで安い理由は、次の2点が挙げられます。

  • ジェネリック医薬品
  • ネット通販であること

その結果、アレグラと同じ有効成分のものを低価格で購入することができます。

花粉症やアレルギー性鼻炎にお悩みの方は、ぜひアレルビを検討してみてはいかがでしょうか?