記事にPRを含む場合があります

果物のペクチン含有量ランキング | ペクチンの多い食べ物はこれだ

ライフ

食物繊維の一種で、ジャム作りにもその性質が活用されているペクチン。

本記事ではそんなペクチンが多く含まれる果物を紹介します。

ペクチンは食物繊維の一種で、ジャムを固める性質あり

ペクチンとは食物繊維の一種です。

みかんなどの柑橘類やりんご、バナナなどに含まれていて、特に皮の部分に多く含まれています。

ペクチンの効果としては次の3つがあるとされています。

  • 整腸作用
  • 糖分の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える
  • 食物中のコレステロールが吸収されるのを防ぎ、コレステロール値を下げる

ペクチンには酸と糖を一緒に加えることでゲル状(ゼリー状)になる性質があります。ジャムはこの性質を利用して作られています。

ジャムは次の条件で固まります。

  • ペクチン(0.7~1.5%)
  • 糖度(60~65%)
  • 酸(pH2.8~3.4)

ジャムを果物の実の部分(果肉)で作ると、ペクチン不足で固まりづらいケースがあります。そんなときは高濃度のペクチンが売られていますので、お試しください。

ちなみに、ジャムの人気食材は第1位はイチゴ、2位はブルーベリー、3位はマーマレードとなっています。

ペクチンの含有量ランキング

カテゴリごとにペクチンの含有量が多い順に表に整理しました。

約50種類の果物や野菜ナッツを調べた下記論文の内容を引用、作成しています。

A Study on the Contents of Pectic Substances in Fruits, Vegetable fruits and Nuts

カテゴリ 含有量(割合) 食物名
果物(柑橘類) 4%以上 みかん(皮)
3.00-3.99% キンカン(果肉)、ザボン(果肉)、ザボン(皮)、柚子(果肉)
2.00-2.99% ブッシュカン、柚子(皮)
1.00-1.99% キンカン(皮)、みかん(果肉)
0.99%以下 キンカン(果汁)、みかん(果汁)、シャドック(果汁)、柚子(果汁)
果物(柑橘類以外) 2.00-2.99% ポーポー、アボカド
1.00-1.99% カリン、イチジク、レッドカラント
0.50-0.99% りんご(紅玉)、りんご(スターキング)、スグリ、バナナ(エクアドル)、
りんご(デリシャス)、りんご(ふじ)、りんご(インド)、バナナ(フィリピン)、
バナナ(台湾)、柿、りんご(こくこう)、いちご、キウイ、マンゴー、パパイヤカリン
0.49%以下 二十世紀梨、梨、さくらんぼ、プラム(すもも)、あんず、もも、梅、
バナナ(料理用バナナ)、りんご(陸奥)、れんぶ (蓮霧)、梨(長十郎)、
びわ(枇杷)、ぶどう(シャンベル)、ぶどう(デラウェア) 、
ぶどう(ネオマスカット)、ぶどう(巨峰)、パイナップル、梨(幸水)
野菜 0.50-0.99% にがうり
0.49%以下 トマト、スイカ
ナッツ 5%以上 クルミ、殻付きピーナッツ
1.00-1.99%

ペクチンの整腸作用が気になる人にはアップルペクチンが人気です。

アップルペクチンはリンゴに多く含まれている水溶性の食物繊維を原料とした、腸の健康をサポートするサプリメントです。

ペクチンの含有量に関するよくある質問

ここではペクチンの含有量に関してよくある質問を紹介します。

ペクチンが多い食べ物は何ですか?

みかんやゆず、クルミなどに多く含まれています。

枝豆やキャベツ、大根、にんじんなどの野菜にも多く含まれています。
蔬菜類のペクチン含有量について

いちごのペクチン含有量はどのくらいですか?

0.50-0.99%です。

レモンのペクチン含有量はどのくらいですか?

レモンの可食部(果実)で0.63%というデータがあります。
Reassessment of Some Fruit and Vegetable Pectin Levels

柿のペクチン含有量はどのくらいですか?

0.50-0.99%です。

りんごのペクチン含有量はどのくらいですか?

0.50-0.99%です。

ペクチン含有量に関する参考文献

ペクチンに関する参考文献として次の2点を紹介しておきます。

果実,野菜,ナッツ類に含まれるペクチン物質の含有量に関する研究

約50種類の果物や野菜、ナッツを調べたものです。

A Study on the Contents of Pectic Substances in Fruits, Vegetable fruits and Nuts

一部の果物および野菜のペクチンレベルの再評価

1997年に出されたもので、それより前の論文の内容を検証しているものになります。

興味のある方はご覧いただければと思います。

Reassessment of Some Fruit and Vegetable Pectin Levels
R. Baker Published 1 March 1997, Chemistry Journal of Food Science