記事にPRを含む場合があります

【全文掲載】般若心経の読み方や意味をわかりやすく解説!(コピー可)

ライフ

般若心経は、仏教の経典の中でも最も有名かつ重要な教えの一つです。わずか262文字の中に、仏教の核心とも言える深い意味が込められています。

この記事では、般若心経の全文を掲載し、その読み方や意味などをわかりやすく解説します。さらに、全文をコピーできるようにもしていますので、ぜひご活用ください。

般若心経全文(読み方付き)

般若心経は、古代インドの大乗仏教経典の一つで、サンスクリット語から中国語に翻訳されました。

多くの翻訳が存在しますが、玄奘三蔵による翻訳が最も有名です。この経典は、日本を含む東アジアの仏教において広く受け入れられています。

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時
かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ

照見五蘊皆空 度一切苦厄
しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく

舎利子 色不異空 空不異色
しゃりし しきふいくう くうふいしき

色即是空 空即是色 受想行識亦復如是
しきそくぜくう くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ

舎利子 是諸法空相 不生不滅
しゃりし ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ

不垢不浄 不増不減 是故空中
ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう

無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意
むしきむじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい

無色声香味触法 無眼界乃至無意識界
むしっしょうこうみそくほう むげんかいないしむいしきかい

無無明亦無無明尽 乃至無老死亦無老死尽
むむみょうやくむむみょうじん ないしむろうしやくむろうしじん

無苦集滅道 無智亦無得
むくしゅうめつどう むちやくむとく

以無所得故 菩提薩埵
いむしょとくこ ぼだいさった

依般若波羅蜜多故 心無罣礙
えはんにゃはらみったこ しんむけげ

無罣礙故 無有恐怖
むけげこ むうくふ

遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃
おんりいっさいてんどうむそう くぎょうねはん

三世諸仏 依般若波羅蜜多故
さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ

得阿耨多羅三藐三菩提
とくあのくたらさんみゃくさんぼだい

故知般若波羅蜜多 是大神呪
こちはんにゃはらみった ぜだいじんしゅ

是大明呪 是無上呪 是無等等呪
ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ

能除一切苦 真実不虚
のうじょいっさいく しんじつふこ

故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰
こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわつ

羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ぎゃーていぎゃーてい はーらーぎゃーてい はーらーそうぎゃーてい ぼーじーそーわーかー

般若心経の全文とその意味

般若心経の現代語訳とそれぞれの意味を見ていきましょう。

般若心経の現代語訳

観自在菩薩が、深い般若波羅蜜多の行を行じているとき、五蘊のすべてが空であると見通し、一切の苦しみと厄災を乗り越えた。

舎利子よ、色と空は異ならない。空と色も異ならない。色はすなわち空であり、空はすなわち色である。受、想、行、識もまた同じである。

舎利子よ、すべてのものは空であり、生じることも滅することもない。汚れることも浄化されることもない。増えることも減ることもない。

だから、空の中には色もなく、受、想、行、識もない。眼、耳、鼻、舌、身、意もなく、色、声、香、味、触、法もない。

眼界もなく、意識界もない。無明もなく、無明が尽きることもない。老いも死もなく、老いと死が尽きることもない。

苦しみも、苦しみの原因も、苦しみの終わりも、苦しみを終わらせる道もない。智慧もなく、得るものもない。得るものがないのだから、

菩薩は、般若波羅蜜多に依ることで、心に何のこだわりもなく、こだわりがないから恐怖もなく、すべての間違った考えから離れて、究極の悟りに至る。

過去、現在、未来のすべての仏は、般若波羅蜜多に依ることで、最高の悟りを得た。

般若波羅蜜多は偉大な呪文であり、光り輝く呪文であり、最高の呪文であり、比類なき呪文であることを知る。それはすべての苦しみを取り除き、真実であり偽りがない。

だから、般若波羅蜜多の呪文を説く。呪文は次の通りである。

羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経の全文とその意味

1. 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

観自在菩薩(かんじざいぼさつ)という観音様が、深い智慧を使って修行していたときに、世の中のすべてのもの(五蘊(ごうん))が実体のないものだと見抜いて、すべての苦しみから自由になりました。

2. 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是

舎利子(しゃりし)というお弟子さんに教えている場面です。物質的なもの(色(しき))と空(くう)は別々のものではなく、物質そのものが空であり、空そのものが物質だということです。ほかのもの(受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき))も同じように空であるとしています。

3. 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減

世の中のすべての現象(法(ほう))は空の性質を持ち、生まれもしないし消えもしない、汚れもしないし清らかにもならない、増えもしないし減りもしないということです。

4. 是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界

だから空の中には、物質も受け取ることも考えることも行動も意識もないし、目や耳、鼻や舌、体や心もないし、色や音、匂いや味、触れるものや考えることもないということです。

5. 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故

無明(むみょう、知らないこと)もなければ、無明が尽きることもなく、老いることや死ぬこともなければ、それが尽きることもない。苦しみもなければ、それを集めること、滅すること、道もない。知恵もなければ、得ることもないということです。

6. 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃

菩提薩埵(ぼだいさった、お釈迦様のような存在)は、般若波羅蜜多(深い智慧)を使うことで心に何の障りもありません。障りがないので恐怖もなく、すべての間違った考えから解放され、究極の安らぎ(涅槃(ねはん))に到達します。

7. 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提

過去、現在、未来のすべての仏様は、般若波羅蜜多のおかげで最高の悟り(阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい))を得ました。

8. 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚

だから、般若波羅蜜多はとても偉大な呪文(しゅ)であり、すべての苦しみを取り除くことができ、真実であり嘘ではありません。

9. 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

だから、般若波羅蜜多の呪文を説きます。この呪文はこう言います:羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶(ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか)。

まとめ

般若心経は、仏教のとても大切なお経で、すべてのものが本当は実体がないという「空(くう)」の考え方を教えています。

このお経を唱えることで、心の平和や悟りに近づくことができます。

(参考)般若心経 – Wikipedia