記事にPRを含む場合があります

「春はあけぼの」全文とその意味、作者について

ライフ

「春はあけぼの」は、清少納言による『枕草子』の有名な一節です。

この作品は、日本の平安時代の貴族社会を描写し、美しい自然や季節の移り変わりを愛でる文化を伝えています。この記事では、「春はあけぼの」の全文とその魅力について詳しく解説します。

清少納言の繊細な感性に触れ、平安時代の美意識を紐解いていきましょう。

「春はあけぼの」全文とその意味について

「春はあけぼの」の全文とその意味を紹介します。

春はあけぼの全文

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏のねどころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいふべきにもあらず。風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

春はあけぼの全文の意味(現代語訳)

春は、夜明けが最も美しい。次第に白み始める山際が少し明るくなり、紫色の雲が細くたなびく様子が美しい。

夏は夜が最も趣深い。月の光は言うまでもなく美しく、闇夜もまた、蛍が多く飛び交う様子が美しい。さらに、一つ二つと淡く光る蛍も趣がある。雨が降る夜もまた趣深い。

秋は夕暮れが最も美しい。夕日が山の端に差し込み、烏が寝ぐらに急ぐ様子が哀愁を帯びて美しい。特に、雁が列をなして飛ぶ姿が小さく見えるのは言葉にならないほど美しい。風の音や虫の音もまた言葉にできないほど美しい。

冬は早朝が最も美しい。雪が降る光景は言うまでもなく美しく、霜が白く降りる様子もまた美しい。寒さが厳しい中で火を起こし、炭を持って渡る様子が似つかわしい。昼になると暖かくなり、火桶の火が白い灰ばかりになるのは味気ない。

「春はあけぼの」季節の描写とその魅力

春はあけぼの

春の朝は、夜明けが次第に白み始める様子が美しく描かれています。山の端が白く明けてくる光景と、紫色に染まった雲が細くたなびく様子が、春の穏やかで清々しい雰囲気を伝えます。

夏は夜

夏の夜は、月が美しく輝く様子が特に印象的です。蛍が飛び交う光景や、雨の音が響く夜の風情もまた美しいとされています。

秋は夕暮れ

秋の夕暮れは、夕日の光が山の端に差し込み、烏が寝ぐらに急ぐ様子が描かれています。また、雁の列や風の音、虫の音が秋の寂しさと共に、心に響く美しさを持っています。

冬はつとめて

冬の朝は、雪や霜が一面に広がり、寒さが厳しい中での火の温もりが感じられます。特に、朝の寒さが和らぐ昼頃の光景もまた、一興です。

「春はあけぼの」の作者について

「春はあけぼの」の作者は、清少納言(せいしょうなごん)です。

彼女は平安時代中期の女流作家で、『枕草子』の著者として知られています。清少納言は、宮廷生活のエッセイや随筆を通じて、当時の貴族社会の美意識や日常生活を詳細に描写しました。

清少納言の作品は、その豊かな表現力と鋭い観察力で高く評価されており、現代でも多くの人々に読まれています。

清少納言の生涯

生い立ち

清少納言の生年月日は正確にはわかっていませんが、おおよそ966年頃に生まれたとされています。父親は有名な漢詩人であり、学者でもあった清原元輔(きよはらのもとすけ)です。清少納言は幼い頃から父親の影響を受け、漢詩や文学に親しんで育ちました。

宮廷での生活

彼女は一条天皇の中宮(皇后)定子(ていし)に仕えました。定子は文学や文化を重んじる人物であり、清少納言はその知識と才能を生かして宮廷生活を記録しました。彼女の鋭い観察力と美的感覚は、多くの人々に感銘を与えました。

枕草子とその影響

清少納言の代表作である『枕草子』は、随筆文学の先駆けとして評価されています。この作品は、彼女が宮廷で見聞きした出来事や感想、自然の美しさ、人々の様子などを綴ったものです。

また、清少納言の鋭い観察力と詩的な表現が、多くの読者を魅了しています。

まとめ

「春はあけぼの」は、日本文学の中でも特に美しい自然描写が特徴的な一節です。

清少納言は、『枕草子』を通じて平安時代の宮廷生活や自然の美しさを後世に伝えました。彼女の作品は、その独特の視点と美しい表現によって、多くの人々に感銘を与え続けています。日本の古典文学における彼女の功績は非常に大きく、その影響は現代にまで及んでいます。

この一節を通じて、四季折々の美しさや日本の古典文化に触れることができます。ぜひ、『枕草子』の魅力を堪能してみてください。

(参考)枕草子 – Wikipedia