記事にPRを含む場合があります

君が代の意味をわかりやすく解説

ライフ

「君が代」とは、日本の国歌であり、国を象徴する重要な要素の一つです。この歌は日本の歴史や文化に根付いており、その意味について理解することは、日本の文化や歴史を知る上で重要です。

しかしながら、歌詞には普段聞きなれない単語もあり、君が代はどんな意味なのか疑問に思っている人もいることでしょう。

この記事では、「君が代」の意味をわかりやすく解説します。

君が代の解釈には諸説ありますが、本記事では参考文献の内容をもとに説明しています。

歌詞をもとに君が代の意味をわかりやすく解説

君が代の歌詞の意味をわかりやすく解説していきます。

まず君が代の歌詞です。

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで

「国旗・国歌」について – 内閣府

この歌詞をわかりやすくいうと、次のような意味になります。

小さな石が集まって大きな石となり、それに苔が生えるような永い間、日本が繁栄しますように

君が代がよくわからないのは、歌詞に含まれるのが普段使わない単語だからです。

それぞれの意味を見ていきましょう。

  • 君が代……天皇を象徴とする我が国(あなたが治めるその期間)
  • 千代に八千代に……非常に長い間
    千代は千年、八千代は八千年(もしくは何千年も)という意味。なお、八には多くのという意味があります(八百屋、八百万の神、八方美人など)
  • さざれ石(細石)……小さな石
  • いわお(巌)……大きな石
  • こけのむすまで(苔の生すまで)……苔が生えるまでの長い間

君が代に込められたとされる意味をわかりやすく解説

君が代は、10世紀初頭に作られた和歌集『古今和歌集』に収録されている「読人知らず」の和歌に始まります。

我君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで

君が代の意味は、大きく分けて2つあります。

1つは、天皇の治世が末永く続きますようにという願いです。

2つ目は、日本が永遠に繁栄しますようにという願いです。

「さざれ石の巌となりて」は、小さな石が集まって大きな岩になることを意味し、国民が団結して国を築くことを象徴しています。また、「苔のむすまで」は、苔が岩に根を張り、永遠に続くことを意味し、日本の繁栄を願う気持ちを表しています。

このように、君が代は、象徴としての天皇の治世する日本の繁栄を願う歌で、以下のような意味が込められていると考えられています。

  • 象徴としての天皇の治世する日本が末永く続きますように
  • 国民が団結して国を築きますように
  • 日本が永遠に繁栄しますように

もちろん、君が代の解釈は人によって異なります。しかし、多くの日本人にとって、君が代は祖国への愛や希望を表現する歌であり、これからも大切に受け継がれていくでしょう。

参考文献