記事にPRを含む場合があります

機内持ち込みカバン(手荷物)2個はOK?国内線のルールを解説!

ライフ

「国内旅行に行くけど、機内持ち込み手荷物はいくつまでOKなの?」 「カバン2個持ち込みたいけど、大丈夫?」

そんな疑問をお持ちのあなたへ。この記事では、機内持ち込み手荷物のルールについて解説します。

この記事を読めば、もう機内持ち込み手荷物で悩むことはありません!

機内持ち込みカバン(手荷物)2個はOK?国内線各社のルールを解説

なぜ機内持ち込み手荷物のルールは複雑なの?

各航空会社によって、機内持ち込み手荷物のルールは異なります。

  • 安全上の理由: 航空機内での安全を確保するため、持ち込める荷物のサイズや個数には制限があります。
  • 機材の違い: 航空機の種類によって、収納スペースの大きさが異なるため、ルールも変わってきます。
  • サービスの違い: 航空会社によっては、上級会員向けに持ち込み手荷物許容量を増やすなどのサービスを提供しています。

機内持ち込みカバンは2個OK(ただし手荷物+身の回り品)

カバン2個(手荷物1個 + 身の回り品1個)が国内線の機内持ち込み可能な手荷物の個数です。

「身の回り品」とは、ハンドバッグやお土産の紙袋、リュックサックなど、座席の下に収納できる程度の小さなカバンを指します。

下記の2点が注意点です。

  • JALおよびANAでは機体の席数により持ち込めるサイズが異なる
  • LCCでは重量が10kgではなく7kg以内である点
航空会社個数サイズ
(手荷物)
重量
(身の回り品含む)
JAL1個 + 身の回り品1個3辺合計115cm以内
(100席未満は100cm)
10kg以内
ANA1個 + 身の回り品1個3辺合計115cm以内
(100席未満は100cm)
10kg以内
スカイマーク1個 + 身の回り品1個3辺合計115cm以内10kg以内
ピーチ・アビエーション1個 + 身の回り品1個3辺合計115cm以内7kg以内
ジェットスター1個 + 身の回り品1個3辺合計115cm以内7kg以内

3つめのカバンや、サイズ制限を超えた手荷物は、「預け手荷物」として預ける必要がありますので注意しましょう。

機内持ち込み手荷物サイズは座席数で変わる

飛行機の機内持ち込み手荷物サイズは、座席数によって変わります。

日本の航空会社の場合、座席数が100席以上の場合は、3辺の合計が115cm以内となっています。一方、座席数が100席未満の場合は、3辺の合計が100cm以内となっています。

これは、座席数が100席以上の飛行機は、機内収納スペースが広く、大きめの手荷物でも収納できるため、サイズの制限が緩和されているためです。

具体的には、国内線の場合は以下のようになります。

100席未満100席以上
サイズ45cm×35cm×20cm以内
(合計100cm以内)
55cm×40cm×25cm以内
(合計115cm以内)
合計重量10kg以内10kg以内
引用元:ANA公式サイト

(参考ページ)