記事にPRを含む場合があります

【珍しい?】仮免の技能試験に落ちる確率はどのくらい?

ライフ

仮免許技能試験は、運転免許取得を目指す上で最初の関門であり、運転の基本的な技能が身についているかを確認するための試験です。

初めて受ける時にはどのくらい受かるか気になる人も多いでしょう。本記事ではその疑問を解決します。

仮免の試験(学科&技能)に落ちる確率は?

学科試験

合格率は80~90%程度(落ちる確率は10〜20%程度)と言われています。

交通ルール、法律、標識などの知識を問われるため、しっかり予習すれば高い合格率が期待できます。

技能試験(修了検定)

合格率は70~80%程度(落ちる確率は20〜30%程度)と言われています。

実車を使った運転技術の評価なので、不合格になりやすい傾向にあります。

初めての受験者は緊張から思うようなドライビングができず、不合格になることも少なくありません。

教習所での事前練習を十分に行えば、合格率は高くなります。

つまり、学科試験は予習次第で高い合格率が望めますが、技能試験は実車を扱う難しさから、不合格のリスクが高くなる傾向にあります。

ちなみに、運転免許統計による仮免許の合格率は、令和4年では80.3%、令和5年は80.5%となっています。落ちるのが珍しいとも言えないでしょう。

(参考)運転免許統計 令和5年版(P21)

運転免許試験は落とすための試験ではない

運転免許試験は、落とすための試験ではなく、一定の運転技能と知識を持ち、安全に運転できる能力があるかを確認するための試験です。

合格基準はありますが、それは交通ルールや安全運転に関する知識、技能が身についているかを確認するためのものであり、意図的に受験者を落とすためのものではありません。

ただし、運転は人の命に関わることですので、基準に満たない場合は残念ながら不合格となります。これは、安全な運転者を育成し、交通事故を減らすという目的のためです。

教習所での真剣な練習を重ねることで、技能試験でも十分な合格率を維持できます。落ち着いて受験に臨み、ミスを最小限に抑えることが重要です。