記事にPRを含む場合があります

ヤクルト1000、糖質はどれくらい?コーラやカルピスと比べてみたら?

ライフ

ヤクルト1000は、乳酸菌シロタ株が1000億個も含まれる人気の乳酸菌飲料。健康に良いイメージがありますが、実は糖質量が気になる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、ヤクルト1000の糖質量をコーラやカルピスなどの他の飲み物と比較します。

そしてWHOが推奨する1日の糖質摂取量の目安について解説します。

ヤクルト1000の糖質量は?コーラやカルピスと比較

ヤクルト1000は宅配専用商品で、スーパーやコンビニで販売されているのはY1000という商品です。

ほぼ同等の商品ですが、内容量・菌数・価格が異なります。

ヤクルト1000の糖質量

ヤクルト1000に含まれる糖質は次のとおりです。(炭水化物=糖質とみなしています)。

  • ヤクルト1000:14.1g(1本100mlあたり)
  • Y1000:15.6g(1本110mlあたり)

なお、ヤクルト1000、Y1000の1本あたりの栄養成分は次のとおりです。

ヤクルト1000
(100ml)
Y1000
(110ml)
熱量(エネルギー)63kcal70kcal
たんぱく質1.5g1.7g
脂質0.1g0.1
炭水化物14.1g15.6g
食塩相当量0~0.1g0~0.1g

(参考)https://www.yakult.co.jp/products/item0345.html

ヤクルト1000の糖質量をコーラやカルピスと比較

ヤクルト1000の糖質量をコーラやカルピスと比べたのが下表です。

飲み物100mlあたりの糖質量1本あたりの糖質量
ヤクルト100014.1g14.1g
コーラ11.3g56.5g(500mlの場合)
カルピスウォーター11.0g50g(500mlの場合)

このように、ヤクルト1000は100mlあたりでは糖質量は多いものの、1本あたりで考えると糖質量は少なくなります。

WHOによる糖質摂取量の目安

WHOによると砂糖の摂取量の目安は、1日あたりの糖分摂取量が25g程度となっています。

砂糖の摂取量が多くなると、肥満や糖尿病、虫歯などの健康問題を引き起こすことがあります。

そのため、日常的に摂取する食品や飲料に含まれる砂糖の量を把握し、適切に摂取するように心がけることが大切です。(参考:WHO 成人及び児童の糖類摂取

ヤクルト1000 1本(100ml)の糖質量は14.1gなので、1日に2本以上飲まなければWHOの目安を超えることはありません。

まとめ

ヤクルト1000には、宅配用と店頭用の2つの商品があり、含まれる糖質は次のとおりです。

  • ヤクルト1000:14.1g(1本100mlあたり)
  • Y1000:15.6g(1本110mlあたり)

ヤクルト1000はコーラやカルピスよりも100mlあたりの糖質量は多いが、1本分だと糖質量は少なくなります。

ヤクルト1000は、糖質量に気を付けながら健康維持に役立てたい方にとって、選択肢の一つと言えるでしょう。他の飲み物と比較しながら、自分に合った量を摂取することが大切です。