記事にPRを含む場合があります

ホットアイマスクは目に悪い?【知恵袋ベストアンサーも紹介】

ライフ

疲れ目やドライアイなどの症状に効果があるとされるホットアイマスク。しかし、一方で「目に悪い」という噂も耳にします。

果たして、ホットアイマスクは目に悪いのでしょうか?

本記事ではその答えとおすすめのホットアイマスクを紹介します。

ホットアイマスクは目に悪い?【知恵袋ベストアンサーも紹介】

ホットアイマスクは、適切な使い方をしていれば目に悪いわけではありません。むしろ、疲れ目やドライアイの症状を緩和する効果が期待できます。

ただし、ホットアイマスクの温度が高すぎると、眼球やまぶたの表面にダメージを与える可能性があります。

また、目の炎症や感染症がある場合は、温めることで炎症が悪化する恐れがあります。そのため、ホットアイマスクを使用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 温度は40〜45℃以下にする
  • 使用時間は10分程度にする
  • 目は閉じて使う
  • 目の上にそっと置いてつかう(手などで押さえつけない)
  • 目の炎症や感染症がある場合は使用しない

ホットアイマスクは、適切な使い方をすることで、目の健康を維持するのに役立つアイテムです。ぜひ正しい使い方を理解して、上手に活用してみてください。

ホットアイマスクが目に良い3つの理由

ホットアイマスクを10分程度使用することで、目の疲れやだるさが軽減され、涙液の分泌が促進されてドライアイの症状が改善されると考えられています。

目の周りの血行を促進する

ホットアイマスクの温熱効果によって、目の周りの血管が拡張し、血行が促進されます。

これにより、目の疲れやだるさを軽減する効果が期待できます。また、血行が促進されると、涙液の分泌も促進されるため、ドライアイの改善にも効果的です。

筋肉の緊張をほぐす

目の周りには、眼輪筋や眼瞼挙筋などの筋肉があります。

これらの筋肉が緊張すると、目の疲れや頭痛などの原因となります。ホットアイマスクの温熱効果によって、これらの筋肉の緊張がほぐされ、疲れや頭痛の緩和に効果的です。

ドライアイ緩和

ドライアイの原因のひとつとして、涙の蒸発を防ぐ油が不足する「マイボーム腺機能不全」が挙げられます。

ホットアイマスクの温熱効果によって、マイボーム腺の出口の脂が溶け、マイボーム腺の詰まりを解消する効果があるとされています。

(参考)https://www.lime.jp/main/product/pdf/booklet-2.pdf

知恵袋ベストアンサー

Yahoo知恵袋のベストアンサーは下記のものです。特に目に悪いという記載はありません。

私は実際に使っています。とても気持ち良いです。
暖めることによって血管が広がるので目の血行も良くなるので良いと思います。

ですが一回約10分を目安に一枚使い捨てなのでコスト的にはどうかと思うので、そこは質問者さんにおまかせします。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1234333482

おすすめホットアイマスク3選

ここでは下記の3タイプで、おすすめのホットアイマスクを紹介します。

  • 使い捨てタイプ
  • レンジで繰り返し使えるタイプ
  • 充電式タイプ
タイプ特徴メリットデメリット
使い捨て手軽に試せるコスパが悪い繰り返し使用できない
レンジでチン繰り返し使えるコスパが良いレンジで温める必要がある
充電式いつでもどこでも使える使い勝手が良い充電が必要

使い捨てタイプ

使い捨てタイプは、1回使い切りのタイプです。袋から取り出してそのまま使用できるのが最大のメリットです。一方で繰り返し使用できないため、コスパはあまり良くありません。まずホットアイマスクを試してみたいという人におすすめです。

レンジであたためるタイプ

レンジで温めて使用するタイプは200〜300回程度繰り返し使えます。そのためコスパが良いのがメリットです。

充電式タイプ

充電して使用するタイプのホットアイマスクです。電源さえあれば、いつでもどこでも使用できるのがメリットです。また、温度調節やタイマー機能が付いているものもあり、使い勝手が良くなっています。