記事にPRを含む場合があります

奈良の大仏の大きさを身近なものと比較しながらチェック!【サイズ徹底解説】

ライフ

あなたは、奈良の大仏の大きさを知っていますか?教科書で見たことはあるけれど、実際の大きさは想像できない人も多いのではないでしょうか。

奈良の大仏の大きさ【サイズ徹底解説】

この記事では、奈良の大仏の大きさを徹底的に解説します。写真だけでは伝わらない、そのスケール感を一緒に体感しましょう!

奈良の大仏ってどれくらい大きい?

奈良の大仏は、正式には「東大寺盧舎那仏像」と呼ばれています。その大きさは、なんと像高14.98メートル!これは、ビルの約5階に相当する高さです。

想像してみてください。もし、大仏がマンションのベランダに立っていたら…。そんな光景を想像するだけで、その大きさに圧倒されますよね。

大仏の各パーツの大きさもすごい!

大仏は、その全体の大きさだけでなく、顔や手足などの各パーツも巨大です。

例えば、

  • の長さは1.02メートル。幼児の身長と同じくらいです。
  • の長さは2.54メートル。成人男性の平均身長よりも高い!
  • の長さは4.13メートル。自動車と同じくらいの大きさです。

その他にも各パーツの大きさは次のとおりです。

部位測定値(cm)
座高1,498
顔の長さ413
顔の幅320
目の長さ102
鼻の幅98
鼻の高さ50
口の長さ133
耳の長さ254
手のひらの長さ148
中指の長さ108
足長(左足)374
ひざの厚さ223
銅座の高さ304
石座の高さ252 – 258
引用元:大仏の全て|奈良市観光協会

大仏の大きさを体感できる場所

奈良の大仏は、奈良県奈良市にある東大寺にあります。

大仏殿の中に入ると、その大きさを間近で体感できます。大仏の足元まで近づくと、自分の体がいかに小さいかを痛感するでしょう。

また、大仏殿の入り口付近には、大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴が開いた柱があります。この穴をくぐることができると、一年間健康に過ごせると言われています。ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

この記事では、奈良の大仏の大きさを詳しく解説しました。数字だけでは想像しにくい大仏のスケール感を、少しでも感じていただけたでしょうか?

像高14.98m/目長1.02m/耳長2.54m/顔長4.13m/鼻高0.50m/台座高3.05m

実際に奈良を訪れて、大仏の大きさを体感してみてください。きっと、忘れられない思い出になるはずです。