記事にPRを含む場合があります

「21th」と「21st」、どちらが正しいの?

ライフ

英語の序数表記で「21番目」を表す場合、「21th」と「21st」のどちらが正しいのか、迷ってしまうことがありますよね。

実は、「21st」が正しい表記なんです。

なぜ「21st」が正しくて「21th」は誤りなのか?

英語の序数表記には、一般的に以下のルールがあります。

英語の序数における「st」「nd」「rd」「th」の使い分けは以下のようになります。

  • 数字の最後の桁が1の場合は「st」を使う (1st, 21st, 31st)
  • 数字の最後の桁が2の場合は「nd」を使う (2nd, 22nd, 32nd)
  • 数字の最後の桁が3の場合は「rd」を使う (3rd, 23rd, 33rd)
  • 数字の最後の桁が1, 2, 3以外の場合は「th」を使う (4th, 11th, 20th, 24th, 100th)
    ※ただし、11, 12, 13の10の位が1の場合は例外的に「th」を使う (10th, 11th, 12th, 13th)

「21」の場合は、一の位が 1 なので、-st を付けるのが正しいルールになります。そのため、英語の序数表記で「21番目」を表す場合、「21st」が正しい表記です。

21stを使った言葉の例としては次のようなものがあります。

  • 21st century(21世紀)
  • 21st birthday(21歳の誕生日)
  • 21st anniversary(21周年)

「21th」は誤表記なので、使用しないように注意しましょう。

(参考)https://www.britannica.com/dictionary/eb/qa/How-To-Write-Ordinal-Numbers