記事にPRを含む場合があります

「ゆうき」「しょうた」「ゆづき」など 名前のローマ字表記(英語表記)

ライフ

「ゆうき」という名前は、ローマ字表記する際に「Yuuki」と書くのが正しいのか、「Yuki」と書くのが正しいのか、多くの人が疑問に思うことでしょう。

他にもローマ字で書く時に迷う名前としては、次のようなものがあります。

  • ゆう
  • しょうた
  • ゆうと
  • しゅんすけ

この記事では、パスポートの表記として使われているヘボン式表記方法に基づき、

よくある名前のローマ字表記と注意点について見ていきます。

「ゆうき」「しょうた」「ゆづき」などのローマ字表記

日本語の名前をローマ字で表記する場合、発音と綴りのルールに従う必要があります。しかし、同じ発音でも複数の綴り方が存在することがあり、特に「ゆうき」のような名前は、その表記について混乱が生じやすいです。

「ゆうき」「ゆうと」「ようこ」(長音を含む)

それぞれ次の記載になります。

ゆうき:Yuki(非ヘボン式ではYuuki)

ゆうと:Yuto(非ヘボン式ではYuuto)

ローマ字表記した際には「ゆうき」と「ゆき」のいずれも、「Yuki」になりますが、それで正しい表記です。長音の「o」や「u」は記載しないというルールがあるからです。

ちなみに、パソコンでローマ字で打つときは、Yuuki、Youkoと打つ必要があります。

「しょうた」「しゅんすけ」(しゃ行を含む)

「しょうた」はShotaと書きます。

「しゅんすけ」はShunsukeと書きます。

しゃ、しゅ、しょは「sha」「shu」「sho」と記載します。訓令式ではsya、syu、syoです。

「ゆづき」(「づ」を含む)

「ゆづき」はYuzukiと記載します。

ちなみに、「ず」も「づ」もヘボン式のローマ字表記は「zu」です。日本語では違う文字でもローマ字では同じ表記になっています。

名前のローマ字一覧(ヘボン式)

よく聞かれる名前のローマ字を一覧表に整理しました。

ポイントは次の3つです。

  • ローマ字では長音は書かない
  • しゃ、しゅ、しょは「sha」「shu」「sho」と記載
  • ず、づは「zu」と記載
名前ローマ字備考
ゆうきYuki
優/ゆうYu
しょうたShota(訓令式)Syota
ゆうとYuto
しゅんすけShunsuke(訓令式)Syunsuke
しゅうShu(訓令式)Syu
ゆうかYuka
ゆうきYuki
ゆづきYuzuki
みづきMizuki
そうたSota
こうすけKosuke
こうきKoki

ヘボン式ローマ字表記事の注意事項

パスポートの氏名は国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音する時に、最も日本語の発音に近い表記との観点から、ヘボン式ローマ字を使って表記することとなっています。

いつくか注意点がありますので見ていきましょう。

撥音(ん)の書き方

B、M、Pの前の「ん」は、NではなくMで表記します。
例:難波(なんば)NAMBA、本間(ほんま)HOMMA、三瓶(さんぺい)SAMPEI

促音(小さい字)の書き方

子音を重ねて表記します。
(例)服部(はっとり)HATTORI、吉川(きっかわ)KIKKAWA

ただし、ち(CHI)、ちゃ(CHA)、ちゅ(CHU)、ちょ(CHO)音の前には「T」を表記します。
(例)発地(ほっち)HOTCHI、八丁(はっちょう)HATCHO

長音(のばす音)の書き方

OやUは記入ない
(例)太郎(たろう)TARO、加藤(かとう)KATO

ローマ字表記ヘボン式と訓令式の違いについて

ヘボン式は、日本語を外国語として学ぶ人や、日本語を英語話者に伝えたい人にとって使いやすい方法です。訓令式は、日本語の音韻に忠実に表記したい人や、日本語を日本語として学ぶ人にとって使いやすい方法です。

現在では英語圏の発音に近いという理由で、ヘボン式が最も一般的に使用されています。しかし、訓令式も広く使用されており、特に教育の分野では訓令式が好まれる傾向にあります。

訓令式ヘボン式
特徴日本語を規則的に表記できる。英語圏の読み方に近い表記
利用シーン学校の教科書などパスポート、駅の表記など一般的に利用
サ行の音sa、si、su、se、sosa、shi、su、se、so
タ行の音ta、ti、tu、te、tota、chitsu、te、to
ハ行の音ha、hi、hu、he、hoha、hi、fu、he、ho

(参考文献)
外務省 ヘボン式ローマ字綴方表

東京大学教養学部英語部会 日本語のローマ字表記の推奨形式

内閣告示・内閣訓令 > ローマ字のつづり方