記事にPRを含む場合があります

【社会人の常識】事業所名とは?事業者名との違いを理解しよう

ビジネス

ビジネスの世界では、似たような単語が使われるケースがしばしばありますが、これらの区別は社会人としての必要な知識でもあります。

今回は、「事業所名」と「事業者名」という二つの用語に焦点を当て、その意味と違いについて探ります。

事業所名とは?

事業所名の意味について見ていきましょう。

事業所名の意味

「事業所名」は、企業が運営する具体的な場所や部門の名称を指します。これは、特定の店舗の名前や、企業の中にある特定の部署や研究所の名称などが含まれます。

例えば、トヨタ株式会社の場合、「本社工場」などが事業所名になります。

マクドナルドだと、その企業が運営する特定のレストランの名前(例えば、「新宿東口店」や「渋谷センター街店」など)が事業所名となります。

事業所名とは
  • 企業や法人が事業を行う場所の名前
  • 本社、支社、営業所、工場、店舗などの呼称
  • 法人名(会社名)と同じ場合もあれば、施設名や略称の場合もある

事業所名=事業者名(企業名)のこともある

分かりづらいのですが、年金・保健関連などにおいては事業所名欄が会社名となっています。

事業所名に何を指すのか迷った場合は、都度確認するようにしましょう。

日本年金機構の厚生年金保険・健康保険 適用事業所検索システム

厚生年金保険・健康保険 適用事業所検索システムで検索すると、事業所名称欄に事業者名(企業名)が表示されています。

国勢調査の書き方

国勢調査の書き方例には、「事業所の名称には法人の種類(株式会社など)を含めて書いてください」との指示があります。事業所名=「事業者名+事業所名」となっています。

事業者名とは?

「事業者名」は、事業を行っている主体を指す名称です。これは法人(企業)である場合もあれば、個人事業主である場合もあります。事業者名は法的に保護され、契約書や公式文書などに使用されます。

例えば、「トヨタ自動車株式会社」、「ソニー株式会社」、「スズキ株式会社」などが事業者名としての例です。個人事業主の場合、その人の名前が事業者名となることが一般的です。

事業所名と事業者名の違い

要点をまとめると、「事業者名」はビジネスを運営する主体(企業や個人)の名前であり、「事業所名」はそのビジネスが具体的に運営されている場所や部門の名前を指すという違いがあります。

「者」がつけば企業や個人、「所」がつけば場所のことと覚えると分かりやすいでしょう。

項目定義
事業所名
(例)本社、○○支店、○○工場
企業活動を行う場所(事務所、工場、店舗など)につけられた名称。同じ会社でも、複数の事業所がある場合、それぞれに異なる事業所名をつけることができる。
※まれに事業者名のことを指す場合がある
事業者名
(例)山田太郎(個人事業主)、株式会社○○(法人)
事業を行う個人または法人の名称。個人事業主の場合は屋号、法人の場合は会社名(商号)が事業者名となる。
会社名(商号)
(例)株式会社○○
法人が登記する際に定める名称。法律上、同じ住所で同一の事業を行う会社は、同一または類似の会社名を使用できない。


簡単にまとめると次のようになります。

  • 事業所名: 活動拠点の名前
  • 事業者名: 事業を行う個人または法人の名前
  • 会社名: 法人の正式名称