記事にPRを含む場合があります

0800で始まる電話番号の謎を解明!0120フリーダイヤルとの違いやメリット・デメリットも徹底解説

ビジネス

0800の番号は、企業の顧客サポートやお問い合わせ窓口などでよく見かけますね。0120の番号と似ていますが、実は異なる点もいくつかあります。

「0800から始まる電話番号って、0120と何が違うの?」
「フリーダイヤルって便利だけど、なぜ0800が使われるようになったんだろう?」
「フリーダイヤルを使って受付をしたいけど、0120と0800どちらを選ぶべきだろう?」

こんな疑問をお持ちのあなたへ。この記事では、0800 (フリーダイヤル) について、0120との違いや利用されるようになった背景、そしてメリット・デメリットまで詳しく解説します。

この記事を読めば、0800の番号の特徴や仕組みが理解できます。

0800 (フリーダイヤル) とは?0120との違いを解説

0800から始まる電話番号は、フリーダイヤルと呼ばれています。フリーダイヤルとは、通話料金が発信者ではなく、着信者(0800の番号を契約している企業や団体)が負担するサービスのことです。

0120から始まる番号も同様にフリーダイヤルですが、0800との違いは以下の点が挙げられます。

08000120
番号桁数11桁10桁
番号資源比較的豊富枯渇気味
認知度低い高い
登場時期新しい(1999年〜)古い(1985年〜)

なぜ0800 (フリーダイヤル) が使われるようになったのか?

0800の番号は、0120の番号が枯渇してきたため、追加の番号帯として登場しました。0120の番号と比べて認知度は低いですが、番号資源が豊富で、比較的新しい番号帯であるため、企業は覚えやすい番号を取得しやすくなっています。

  • 0120の番号は人気が高く、すでに多くの企業が利用しているため枯渇しており、新しい番号を取得することが困難になっています。
  • 諸外国でも採用の多い「0800」で始まる11桁の電話番号が割り当てられました。

0800 (フリーダイヤル) のメリット・デメリット

0800の番号を利用するメリット・デメリットは、0120の番号と同じです。

メリット

  1. 顧客満足度の向上:顧客は無料で電話をかけられるため、気軽に問い合わせや相談ができます。
  2. 企業イメージのアップ:フリーダイヤルを設けることで、顧客を大切にする姿勢を示し、企業イメージの向上につながります。
  3. 営業機会の創出:顧客との接点を増やすことで、新たな商品やサービスの案内など、営業機会の創出が期待できます。

デメリット

  1. いたずら電話や営業電話のリスク:フリーダイヤルは誰でも無料でかけられるため、いたずら電話や営業電話を受けるリスクがあります。
  2. 通話料の負担:企業側は、顧客からのすべての通話料を負担するため、コストがかかります。

0800 (フリーダイヤル) の発信方法・ビジネスでの活用方法

0800の番号への発信方法やビジネスでの活用方法は、0120の番号と同様です。

  • 発信方法:通常の固定電話や携帯電話から、番号をダイヤルするだけで発信できます。
  • ビジネスでの活用方法:顧客サポート窓口、キャンペーン窓口、予約受付窓口など、さまざまな用途で活用できます。

まとめ

この記事では、0800 (フリーダイヤル) について、0120との違いや利用されるようになった背景、そしてメリット・デメリットまで解説しました。

番号自体は異なるものの、利用できる機能は同じです。

0800の番号は、0120の番号と比べて認知度は低いですが、番号資源が豊富で、比較的新しい番号帯であるため、企業は覚えやすい番号を取得しやすくなっています。