記事にPRを含む場合があります

携帯からフリーダイヤルへかける方法と料金について【0120や0800】

ライフ

0120で始まるフリーダイヤルは着信者課金で電話を受ける側に通話料が発生する電話番号です。

そのため、通常であれば携帯電話から発信しても通話料は発生しません。しかし、0120の番号を用意していても携帯電話からの通話を受け付けていない場合もあります。

この記事では、携帯電話から0120へかける際に知っておくべき点について解説します。

携帯からフリーダイヤルへのかけ方

携帯からフリーダイヤルへのかけ方とかからない場合の対策について説明します。

携帯からフリーダイヤルへのかけ方

携帯からフリーダイヤルへかけるには、シンプルに0120から始まる番号を押せばOKです。

通常の固定電話や携帯電話へかける時と同じように電話することができます。

フリーダイヤルへ発信できない場合の対応方法

0120の番号へかけようとしても携帯電話から電話がかけられない場合があります。

フリーダイヤルにかけられない理由

フリーダイヤルのサービスの設定として、携帯電話からの着信を企業側が制限しているケースがあります。制限されているかどうかは番号を見ただけではわかりません。

これは0120のサービスを利用する企業が、携帯電話からの通話にかかるコストを抑えるために、携帯電話からの通話を制限しているためです。

0120へ携帯電話から発信できない場合の代替方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 固定電話から発信する
  • 公衆電話から発信する
  • 050から始まるIP電話やIP電話アプリから発信する(この場合は携帯から発信してもIP電話扱いとなります)

携帯からフリーダイヤル(0120)の料金

0120で始まるフリーダイヤルは着信者側に通話料が発生する電話番号です。

携帯電話から発信しても、発信者側は無料で通話することができます(着信者側には着信通話料が発生)。

通常は下記のような区分で通話料が設定されており、固定電話からの着信よりも、携帯電話から着信した場合の方が着信者側にかかる料金が高くなります。

着信者側にかかる料金

発信元通話料金(全国一律)
固定端末から着信(IP電話含む)8.5円(税込9.35円)/180秒
携帯電話から着信10円(税込11円)/20秒
公衆電話から着信30円(税込33円)/60秒
引用元:NTTコミュニケーションズ フリーダイヤル料金

0570ではじまるナビダイヤルは発信者側に料金がかかります。通話料無料のプランでも対象外なので注意しましょう。

0120以外のフリーダイヤル番号

0120の他にも、0800という番号でも同じく着信課金が提供されています。0120と0800は、どちらも着信者課金で通話料が発生する点は同じです。

NTTコミュニケーションズやKDDI、ソフトバンクなどの通信事業者が提供しています。

0120は番号が空いていないケースもあり、企業によっては0800を採用している場合があります。

まとめ

0120は、着信者課金で通話料が発生する電話番号です。

通常であれば携帯電話から発信しても通話料は発生しませんが、サービスによっては携帯電話からの通話を制限している場合もあります。

0120、0800…携帯電話からかけても無料
0570……有料(無料通話対象外)