記事にPRを含む場合があります

三井住友カードの100万円修行をPayPayでおとくに達成する方法

マネー

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費永年無料特典が適用されると、年会費永年無料ながら、国内外で1.0%の還元率、海外旅行保険が自動付帯、空港ラウンジ利用無料など、充実した特典が魅力のクレジットカードです。

このカードの年会費永年無料特典を獲得するためには、入会後1年間で100万円以上の利用が必要です。これを「100万円修行」と呼び、多くの人がチャレンジしています。

そのチャレンジにはPayPayを活用するのがおすすめです。PayPayは、日本国内で最も利用者が多いスマホ決済サービスです。PayPayで三井住友カード ゴールド(NL)を利用すれば、1.0%の還元率(カード0.5%+PayPay0.5%〜)でポイントが貯まります。

本記事では、PayPayを活用して、三井住友カード 100万円修行を効率よく達成する方法を解説します。

三井住友カードの100万円修行はPayPayがおすすめな理由

PayPayを活用することで2回お得

100万円修行にPayPayを活用することで、通常のポイント特典に加えて、PayPay独自の特典も得ることが可能です。

PayPayで三井住友カード 100万円修行をすると少なくとも1.0%の還元率でポイントが貯まります(カード0.5%+PayPay0.5%)。

電子マネーでは100万円特典の対象外のものがある

まずは、三井住友カードの100万円修行となるものを確認しましょう。

電子マネーへのチャージ(Suicaなどの交通系、楽天Edy、WAON、nanaco)は100万円修行の対象外の一方で、PayPayの利用は100万円修行の対象になります。

100万円特典の対象利用

すぐに必要な買い物がなくてもPayPayなら後で使える

1年間で100万円というのはそれなりにハードルが高い金額です。100万円修行のために無理して不要なものを買ってしまっては本末転倒。

PayPayは有効期限なしで最大100万円までチャージができるため、2年目や3年目に使う分を先にPayPayにチャージしておくということができます。

無理して1年間で買い物をするのではなく、一旦PayPayの形に変えた上で、2年目以降の必要なタイミングでの支払いに使うことができるのです。

三井住友カードの100万円修行でPayPayへチャージする2つの方法

PayPayで三井住友カード100万円修行をする方法は、2パターンあります。

クレジットカードでPayPayを利用するのがお得です。

支払い方法還元率
クレジットカード(旧あと払い)1.0〜1.5%
残高払い
(ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い含む)
0.5%〜1.0%

クレジット(旧あと払い)

PayPayをカード払いで利用する方法です。ポイント還元率も高いので基本はこちらがおすすめです。

PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払えるお支払い方法で、翌月一回払いなら手数料もかかりません。

クレジット(旧あと払い)の登録・設定ガイド

2025年1月以降は、PayPayカードでの利用ができなくなりますので、要注意です。

一部クレジットカードの新規登録および利用停止の見直しについて

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

ソフトバンク、ワイモバイルのユーザは、「まとめて支払い」でチャージすることで、携帯電話料金との合算請求にすることができます。

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法

携帯電話料金の支払いカードに三井住友カードを登録しておけば、PayPayチャージ分も100万円修行の利用分としてカウントされます。

クレジット(旧あと払い)では買い物を実際にする必要がありましたが、まとめて支払いの場合はチャージだけすることができるのがポイントです。PayPayに有効期限はありませんので、実際に使うのは数ヶ月後などでも問題ありません。

下記2点が注意事項です

  • まとめて支払いの上限は10万円/月
  • 毎月初回は手数料無料。2回目以降は2.5%の手数料が発生