記事にPRを含む場合があります

【キャリア別】スマホ通話料は1分いくら?

テクノロジー

日本の大手携帯電話会社のスマホ通話料は、1分あたり40円です。

ただし、各社とも、10分以内の国内通話が無料になるなどの、無料通話サービスや定額制サービスを提供しています。

スマホ通話料は各社のプランによって異なりますが、無料通話サービスや定額制サービスを利用することで、通話料を安く抑えることができます。

一般的にはスマホの通話料は1分40円です。

スマホ通話料は1分いくら?

キャリアおよびブランで1分あたりの通話料を整理しています(税別)。

キャリア/ブランド1分あたりの通話料課金単位備考
NTT docomo40円20円/30秒
au40円20円/30秒
ソフトバンク40円20円/30秒
楽天モバイル40円20円/30秒Rakuten Linkアプリを使うと国内の通話・メッセージが無料
UQ mobile40円20円/30秒無料通話オプションあり
Y! mobile40円20円/30秒
ahamo40円20円/30秒5分までは無料
povo40円20円/30秒
linemo40円20円/30秒
iij20円10円/30秒
mineo40円20円/30秒
biglobe40円20円/30秒「BIGLOBEでんわ」専用アプリをを使うと9円/30秒

1分あたりのスマホ通話料を抑える方法

1分あたりのスマホ通話料を抑える方法は、大きく分けて以下の3つです。

通話の回数を減らす

    最も効果的な方法は、通話の回数を減らすことです。そのためには、電話の代わりに使える多様な連絡手段を活用しましょう。

    • メール
    • LINE
    • チャットアプリ
    • ビデオ通話

    家族や友人との連絡は、メールやLINEで済ませるようにしましょう。仕事の連絡は、メールやチャットアプリで済ませられる場合は、電話を控えるようにしましょう。

    料金プランを見直す

      キャリアの料金プランには、通話料が割引されるオプションが用意されています。長電話をすることが多い人は、通話定額オプションやかけ放題オプションを検討しましょう。

      また、格安SIMに乗り換えるのも一つの方法です。格安SIMでは、通話料が割安なプランを用意しているところが多くあります。

      無料通話アプリを活用する

        LINEやSkypeなどの無料通話アプリを活用するのもおすすめです。これらのアプリを利用すれば、通話料を気にせずに電話することができます。

        ただし、無料通話アプリを利用する場合、データ通信量を消費することに注意が必要です。データ通信量を節約するためには、Wi-Fi環境下で利用するか、データ通信量を抑える設定をしておきましょう。

        まとめると、具体的な方法としては以下のようなことが挙げられます。

        • 通話の相手と連絡を取り合う頻度や内容を整理する
        • 電話の代わりに使える連絡手段を活用する
        • 料金プランを見直す
        • 無料通話アプリを活用する

        自分の利用状況に合わせて、これらの方法を組み合わせて実践してみましょう。