記事にPRを含む場合があります

【心に響く名言10選】人生で大切なことはドラえもんが教えてくれた

ライフ

ドラえもんは、子供から大人まで幅広い世代に愛される国民的アニメキャラクターです。

その物語の中には、人生の教訓となる深い言葉がたくさん隠れています。

今回は、ドラえもんの心に響く名言10選をご紹介します。これらの言葉は、私たちの日常生活や人生の岐路に立ったときに、きっと力になってくれるはずです。

心に響くドラえもんの名言10選

毎日の小さな努力のつみ重ねが、歴史を作っていくんだよ!!

「毎日の小さな努力のつみ重ねが、歴史を作っていくんだよ!!」

『ドラえもん』第40巻、189ページ(しずちゃんをとりもどせ)

料理が趣味の出来杉くんに劣等感を感じたのび太にドラえもんが言ったことことです。

「継続は力なり」という諺もあるように、小さな努力を継続することが長期的には大きな成果につながります。

どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ

「どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ」(ドラえもん)

『ドラえもん』第1巻、107ページ(ご先祖さまがんばれ)

ドラえもん第1巻の「ご先祖さまがんばれ」というエピソードに出てきます。

戦国時代の戦に遭遇したのび太の「正しいほうを助けなくちゃ」というコメントに対してドラえもんが返しました。

この言葉は、争いの本質を鋭く突いています。

そして、相手の立場に立って考えることの大切さを教えてくれる名言です。

かったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん

「見たろ、ドラえもん。かったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん」(のび太)

この言葉は、ドラえもんが未来に帰ることになった際、のび太が一人でジャイアンに立ち向かって勝利した後に発したものです。

この名言は、努力による成長、困難に立ち向かう勇気、そして大切な人との絆の重要性を教えてくれます。

自信を持て!ぼくは世界一だと!

「自信を持て!ぼくは世界一だと!」(ドラえもん)

自己肯定感の重要性を説く言葉です。

自分を信じることで、新たな可能性が開けることを教えてくれます。

道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ

「きみはかんちがいしてるんだ。道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ」(ドラえもん)

人生の選択において、必ずしも楽な道が正解ではないことを教えてくれる名言です。

挑戦することの大切さを説いています。

すぐぼくのポケットをあてにする。自分の力だけでやってみろよ

「すぐぼくのポケットをあてにする。自分の力だけでやってみろよ」(ドラえもん)

自立することの重要性を説く言葉です。

他人に頼りすぎず、自分の力で問題を解決する大切さを教えてくれます。

笑顔でいれば、運もついてくるんだよ

「笑顔でいれば、運もついてくるんだよ」(ドラえもん)

前向きな姿勢の大切さを説く言葉です。

笑顔でいることで、周りの環境も良い方向に変わっていくことを教えてくれます。

目が前向きについているのはなぜだと思う?前へ前へと進むためだ!

「目が前向きについているのはなぜだと思う?前へ前へと進むためだ!」

過去にとらわれず、前を向いて生きることの大切さを説く名言です。

未来に向かって進む勇気を与えてくれます。

小さな目標から始めるんだ。そうすればきっと大きな夢もかなうよ

「小さな目標から始めるんだ。そうすればきっと大きな夢もかなうよ」(ドラえもん)

目標達成の秘訣を教えてくれる言葉です。

小さな成功を積み重ねることで、大きな夢も実現できることを示しています。

失敗は成功のもと。失敗から学ぶことで、より大きく成長できるんだ

「失敗は成功のもと。失敗から学ぶことで、より大きく成長できるんだ」(ドラえもん)

失敗を恐れずにチャレンジすることの大切さを教えてくれる名言です。

失敗を前向きに捉えることで、成長につながることを示しています。

男は顔じゃないぞ!中身だぞ!!もっとも、きみは中身も悪いけど…

「男は顔じゃないぞ!中身だぞ!!もっとも、きみは中身も悪いけど…」(ドラえもん)

この言葉は、外見よりも内面の大切さを教えてくれると同時に、ユーモアも含んでいます。

自己改善の必要性を示唆しつつ、笑いも提供する名言です。

これらの名言は、ドラえもんの物語の中で登場人物たちが成長していく過程で語られたものです。子供向けのアニメや漫画と思われがちですが、実は大人になってから読み返すと、より深い意味を持つことに気づかされます。

ドラえもんの名言は、私たちに勇気を与え、困難に立ち向かう力を与えてくれます。日々の生活の中で、これらの言葉を思い出すことで、より前向きに、そして力強く生きていくことができるでしょう。

3分で分かる「ドラえもん」

ドラえもんのストーリー

1. ドラえもんとは?

「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄によって創作された日本の漫画およびアニメシリーズです。22世紀からやってきた猫型ロボット、ドラえもんが、のび太という小学生を助けるために現代にやってきました。ドラえもんは未来の道具を使い、のび太の日常の困難を解決していきます。

2. 主要キャラクター紹介

  • ドラえもん: 未来からやってきたロボット猫。四次元ポケットから様々な未来の道具を取り出します。
  • 野比のび太: ドラえもんにいつも助けられる小学生の少年。勉強も運動も苦手ですが、心優しい性格です。
  • 源静香(しずか): のび太のクラスメートで、成績優秀な女の子。のび太の将来の妻となる予定です。
  • 剛田武(ジャイアン): のび太のクラスメートで、力が強く乱暴。歌が下手ですが、自信満々。ときには優しいところも。
  • 骨川スネ夫: 金持ちの家の子供で、のび太をからかうことが多い。

3. ドラえもんの道具

ドラえもんは未来の様々な道具を持っています。その中でも特に有名なものをいくつか紹介します。

  • どこでもドア: このドアを開けると、どこにでも瞬時に移動できます。
  • タイムマシン: 過去や未来に自由に行き来できる装置。
  • タケコプター: 頭につけるだけで空を飛べるプロペラ。

作者「藤子・F・不二雄」がドラえもんに込めた想い

藤子・F・不二雄は、ドラえもんを通して、夢と希望、友情と成長、そして普遍的なテーマを子供たちに伝えたいと考えていました。

  • 夢と希望: ひみつ道具は、子供たちが持つ「こんなことができたらいいな」という夢を叶える象徴です。ドラえもんは、子供たちに無限の可能性と明るい未来を想像する力を与えます。
  • 友情と成長: のび太とドラえもんの友情は、互いに支え合い、成長していくことの大切さを教えてくれます。ドラえもんは、のび太にとって、困難を乗り越えるための勇気と知恵を与えてくれる存在です。
  • 普遍的なテーマ: ドラえもんは、失敗や挫折、友情や家族愛など、誰もが経験する普遍的なテーマを描いています。子供たちは、ドラえもんを通して、自分自身と向き合い、成長していくヒントを得ることができます。

藤子・F・不二雄は、子供たちがドラえもんを読んで、笑顔になり、勇気をもらい、未来への希望を抱いてほしいと願っていました。ドラえもんは、時代を超えて愛され続ける、藤子・F・不二雄の願いが込められた作品なのです。


人生で大切なことは、意外にもドラえもんが教えてくれていたのかもしれません。これらの名言を胸に刻み、明日からの生活に活かしてみてはいかがでしょうか。