記事にPRを含む場合があります

水1リットルの重さは何キロ?温度で変わるその重さ

ライフ

多くの人が知っているように、水1リットルの重さは概ね1kgです。

しかし、その値は水の温度によって若干変わることをご存知でしょうか?この記事では、異なる温度での水1リットルの重さの変化を詳しく見ていきます。

基本の知識:水1リットルの重さ=1kg

水1リットルの重さは1kgです。

学校の授業や日常の中で、多くの人が学んだことのあるこの事実。

しかし、この値はあくまで一般的な基準としての値であり、実際の重さは温度によって微妙に変わるのです。

温度による水1リットルの重さの変化

以下は、異なる温度での水1リットルのおおよその重さを示しています。

  • 0度: 0.9167kg(氷の状態)
  • 0度: 0.9998kg(水の状態)
  • 4度: 1kg
    (水の最大密度がこの温度であり、この温度が1リットルの水の重さが最も重くなる時点です)
  • 10度: 0.9997kg
  • 20度: 0.9982kg
  • 50度: 0.9881kg
  • 80度: 0.9718kg
  • 100度: 0.9584kg(沸点近辺)

ガソリンや牛乳の1リットルの重さはどのくらい?

物質により、密度(ある体積あたりの重さ)が異なります。

例えば、ガソリンであれば0.7 g/立方センチメートル(㎤)なので、 、1リットルの重さは0.7kgになります。その他の身近な物質について表にまとめています。

物質密度 (g/㎤)1リットルの重さ (kg)
11 kg
ガソリン0.70.7 kg
灯油0.80.8 kg
牛乳1.031.03 kg
1.71.7 kg

温度によっても密度は変化するため、厳密には温度も指定する必要があります。

水1リットルの重さのまとめ

水1リットルの重さは、その温度によってわずかに変わります。

最も密度が高くなるのは4度で、この時点で水1リットルの重さはほぼ1kgとなります。しかし、温度がそれよりも高くなるか低くなると、重さは減少していきます。

精密な計測が必要な場面では、水の温度を考慮することが重要です。

参考サイト