記事にPRを含む場合があります

【楽天カード】ご利用可能額がおかしい!いきなり0になる理由と対処法について

マネー

日々の生活で使っているクレジットカード。突然利用できなくなると大問題ですよね。

ご利用可能額を確認したタイミングでいきなり0になっていることに気づき、慌てて調べているという人もいるのではないでしょうか。でもご安心ください。

本記事ではいきなり0になる理由や、いつリセットされるかなどについて解説します。

「いきなり0になっている」というケースは、実際には次の2パターンが存在します。

  1. まだご利用可能額があると思い込んでいた(限度額まで使っていたため、確認したタイミングで0だった)
  2. 滞納や契約違反(限度額まで使っていないのに、いきなり0になる)

楽天カードのご利用可能額がおかしい!いきなり0になる理由

ご利用可能額が0になる理由としては次のようなものが考えられます。

  • 限度額を超えて利用してしまった
  • 引き落としが反映されていない
  • 滞納などの理由でクレジットカードの利用が停止されてしまった

それぞれ詳しく見ていきましょう。

限度額を超えて利用してしまった

クレジットカードの利用残高を意識しておらず、気づけばクレジットカードの限度額を超えてしまっていたという場合が該当します。

クレジットカードは「利用枠(限度額)」があらかじめ設定され、利用した金額が支払われるまで、限度額は減っていく仕組みです。カードの支払い日までに利用可能額を使い切ってしまうと、クレジットカードの利用はできなくなります。

利用料金の支払い(口座振替)が反映されていない(いつリセットされる?)

支払日になればすぐに利用可能額に反映されると思っている人も多いようですが、実は支払った分が利用可能額に反映されるまでは、数営業日のタイムラグがあります(支払い後の2〜4営業日後にはリセットされる)。

ご請求分引き落とし後の反映スケジュール(例)

楽天カードでは毎月27日に口座振替が実施されますが、下表の通り支払いが利用可能額に反映されるまでは数営業日かかります(通常は支払いの2〜4営業日後に反映)。

なお、楽天銀行からの口座振替の場合は最短当日、その他金融機関の場合でも2営業日程度で反映される場合があるようです。

カードのご利用可能額への反映は、お引き落とし結果の情報が金融機関から弊社へ到着してからとなります。通常約2~4営業日のお時間がかかり、金融機関によって異なりますのでご了承ください。限度額が上限に達している場合は、お引き落とし結果の情報が反映するまでカードはご利用いただけませんのでご注意ください。

引用元:楽天カード公式サイト

滞納などの理由でクレジットカードの利用が停止されてしまった

滞納や契約違反により利用停止となっている可能性も考えられます。

滞納 :クレジットカードの支払いを滞納すると、利用停止になります。遅延損害金を請求される可能性がありますので、滞納をしないように計画的に利用しましょう。

契約違反 :楽天カードの利用規約に違反した場合、利用停止になる可能性があります。

楽天カードのお問い合わせ窓口に連絡して今後の対応に関してご相談ください。

その他の理由

キャッシングの利用を設定していない人が、キャッシングのご利用可能額をみていきなり0になっていると勘違いするケースもあるようです。

利用可能額はショッピングとキャッシングそれぞれで設定されますので、注意しましょう。

「楽天カードのご利用可能額いきなり0」の回避策

楽天カードのご利用可能額がいきなり0になることは避けたいもの。

そこで、クレジットカードのご利用可能額を増やすための方法を2つ紹介します。

  • お支払い日前に返済する
  • 一時的な増枠、通常の増枠にてご利用可能枠を変更する

それぞれ見ていきましょう。

お支払い日前に返済する

お支払日の前に返済することで、クレジットカードのご利用可能額を増やすことができます。

クレジットカード会社へ連絡の上、事前返済の手続きを実施する流れとなります。

楽天カード公式サイト:お支払い日前の返済方法

一時的な増枠、通常の増枠にてご利用可能枠を変更する

楽天カードへの申し込みにより、一時的もしくは継続的に利用可能額を増額する方法があります。

最短で増枠お申し込み日の当日に審査が完了し、ご利用可能枠の増枠をすることが可能です。

※ご利用可能枠の変更には審査がありますのでご注意ください。一時的に増枠された利用可能枠は審査完了後3ヶ月間有効です。

楽天カード公式サイト:ご利用可能枠の一時的な増枠

楽天カード公式サイト:ご利用可能枠の増枠