記事にPRを含む場合があります

「結論から話す」は損?得?相手をイライラさせることも…効果的な場面と注意点

ビジネス

ビジネスシーンや就職活動の面接対策で、何度も聞いたことがあるフレーズではないでしょうか?

しかし、結論から話すことが必ずしも正しいとは限りません。むしろ、相手をイライラさせてしまう可能性も…。

そこで今回は下記のような点について解説します。

  • 「結論から話す」メリット・デメリット
  • 「結論から話す」が効果的な場面
  • 「結論から話す」際の注意点

この記事を読めば、結論から話すべきかどうかが判断できるようになります。

「結論から話す」は使いどころが重要!

結論から言うと、「結論から話す」ことは、時と場合によって使い分ける必要があります。

メリット・デメリット、効果的な場面と注意点を理解し、状況に応じて適切に使い分けましょう。

結論から話すメリット

「結論から話す」ことのメリットは、主に以下の3つです。

  • 相手の時間を節約できる
  • 話が伝わりやすい
  • 行動を促しやすい

メリット1:相手の時間を節約できる

忙しい現代社会において、相手の時間を尊重することは非常に大切です。

結論を最初に伝えることで、相手は「この話は自分に関係あるのか」「聞く価値があるのか」をすぐに判断できます。

メリット2:話が伝わりやすい

結論を最初に伝えることで、相手はその後の話を理解しやすくなります。

特に、複雑な内容や専門的な話をするときには、結論を最初に伝えることで、相手は話の流れを把握しやすくなります。

メリット3:行動を促しやすい

結論を最初に伝えることで、相手に行動を促しやすくなります。

例えば、プレゼンテーションで「この商品は貴社のコストを2割削減できる可能性があります」という結論を最初に伝えると、その後商品の魅力を説明することで、相手は購入意欲を高めることができます。

結論から話すデメリット

一方で、「結論から話す」ことのデメリットは以下の2つです。

  • 冷たい印象を与える
  • 誤解を招く

デメリット1:冷たい印象を与える

結論を最初に伝えると、冷たい印象を与えてしまうことがあります。

特に、親しい間柄の人や、感情的な話をするときには、結論を最初に伝えることで、相手を傷つけてしまう可能性もあります。

デメリット2:誤解を招く

結論を最初に伝えると、誤解を招くことがあります。

特に、複雑な内容や専門的な話をするときには注意が必要です。

相手が背景や予備知識がない状態で結論を最初に伝えることで、相手は話の内容を正しく理解できない可能性もあります。

「結論ファースト」が効果的な場面

結論から話す「結論ファースト」が効果的な場面は、主に以下の3つです。

  • ビジネスシーン
  • プレゼンテーション
  • 緊急時

場面1:ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、結論を最初に伝えることで、相手は話の内容を理解しやすくなり、時間を節約できます。

特に、会議や商談など、限られた時間の中で効率的にコミュニケーションをとる必要がある場面では、「結論から話す」ことが有効です。

場面2:プレゼンテーション

プレゼンテーションでは、結論を最初に伝えることで、聴衆の関心を引きつけ、話の内容を理解しやすくすることができます。

特に、商品の紹介やサービスの提案など、聴衆に行動を促したい場面では、「結論から話す」ことが有効です。

ただし、相手に予備知識がないと思われる場合や、感情を盛り上げたい場合は結論を後回しにすることも有効です。

場面3:緊急時

緊急時には、結論を最初に伝えることで、相手に状況を素早く理解してもらい、適切な対応を促すことができます。

例えば、火災が発生したときには、「火事です!避難してください!」と結論を最初に伝えることで、周囲の人々に避難を促すことができます。

結論から話す際の注意点

「結論から話す」際に注意すべき点は、以下の3つです。

  • 結論を明確にする
  • 状況に応じて使い分ける
  • 相手の反応を見る

注意点1:結論を明確にする

結論を最初に伝える際には、結論を明確にすることが重要です。

「〇〇だと思います」や「〇〇かもしれません」といった曖昧な表現ではなく、「〇〇です」や「〇〇になります」といった断定的な表現を使うようにしましょう。

注意点2:状況に応じて使い分ける

「結論から話す」ことは、常に正しいとは限りません。

感情的な話をするときには、結論を最初に伝えることで、相手を傷つけてしまう可能性もあります。

また、親しい間柄の人との会話では、コミュニケーション自体が楽しみであるケースもあります。

状況に応じて、「結論から話す」かどうかを判断するようにしましょう。

注意点3:相手の反応を見る

結論を最初に伝えた後には、相手の反応を見るようにしましょう。

相手が理解していない様子であれば、補足説明をする必要があります。

また、相手が不快な表情をしている場合は、「結論から話す」ことをやめるべきです。

まとめ|「結論から話す」を使いこなして円滑なコミュニケーションを!

今回は、「結論から話す」メリット・デメリット、効果的な場面と注意点について解説しました。

「結論から話す」ことは、時と場合によって使い分けることが重要です。

この記事で紹介した内容を参考に、状況に応じて適切に「結論から話す」を使い分け、円滑なコミュニケーションを目指しましょう。

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひシェアをお願いします!