記事にPRを含む場合があります

【勘違いorリアル?】自分だけ仕事量が多いと感じたときのチェック項目と対処法

ビジネス

仕事量が多いと感じる人は少なくありません。しかし、本当に自分だけ仕事量が多いのか、それとも勘違いなのか、判断するのは難しいものです。

そこで今回は、自分だけ仕事量が多いと感じる理由と、対処法をご紹介します。

自分だけ仕事量が多いと感じる理由

自分だけ仕事量が多いと感じる理由は、主に以下の3つが挙げられます。

仕事の把握不足

仕事の量を正確に把握できていないと、自分だけ仕事量が多いと勘違いしてしまう可能性があります。例えば、自分の担当業務を把握できていなかったり、他の人の担当業務と比較できていなかったりすると、自分だけ仕事量が多いと感じてしまうかもしれません。

自分の仕事に対する考え方

自分の仕事に対する考え方によっても、自分だけ仕事量が多いと感じることがあります。例えば、完璧主義の人や、責任感が強い人は、自分の仕事量を必要以上に多く感じてしまう傾向があります。また、周りの人の仕事を気にしてしまう人や、他人と比べてしまう人は、自分だけ仕事量が多いと感じる傾向があります。

自己効力感の低さ

自己効力感とは、自分の能力や行動によって目標を達成できるという自信のことです。自己効力感の低い人は、自分の能力や行動によって仕事の成果を出すことに自信が持てず、自分だけ仕事量が多いと感じてしまうことがあります。

不安やストレス

不安やストレスを感じている人は、自分の仕事量を必要以上に大きく感じてしまう傾向があります。例えば、仕事の失敗に対する不安や、仕事の責任感によるストレスを感じていると、自分だけ仕事量が多いと感じてしまうことがあります。

仕事の割り振りの偏り

仕事の量が偏っていると、自分だけ仕事量が多いと感じてしまいます。これは実際に仕事量が多いケースです。

職場の人員不足や、ある人の仕事のスキルや経験不足によって、仕事の割り振りが偏ることもあるでしょう。

自分だけ仕事量が多いのが勘違いかは他人と比較してチェック

自分だけ仕事量が多いかどうかは、他人と比較してみないとわかりません。他の人も多い可能性があるからです。

自分の仕事量を把握する際には、以下の客観的な指標で比べてみるのがおすすめです。

  • 労働時間(残業時間)
  • 対応件数
  • 担当の顧客数や案件数
  • 売上などの成果
  • 担当する業務の種類や難易度
  • 成果物や目標の達成度

これらの指標を比較することで、自分だけ仕事量が多いかどうかをより客観的に判断することができます。

例えば、所定労働時間は、同じ職位や役職の人の所定労働時間と比較してみましょう。残業時間は、同じ部署やチームの人の残業時間と比較してみましょう。担当する業務の種類や難易度は、同じ職種の人の仕事内容と比較してみましょう。

また、客観的な指標で比べるだけでなく、他の人がどう感じているのかを知ることも参考になるでしょう。同じ部署やチームの人に、自分の仕事量を聞いてみましょう。また、上司や先輩に、自分の仕事量について相談してみるのも良いでしょう。

客観的な指標で比べたり、他人と比較したりすることで、自分だけ仕事量が多いかどうかをより正確に判断することができます。

自分だけ仕事量が多いときの対処法

自分だけ仕事量が多いと感じている場合は、以下の対処法が考えられます。

仕事の割り振りについて上司に相談する

仕事の割り振りの偏りが原因で、自分だけ仕事量が多いと感じている場合は、上司に相談しましょう。上司に相談することで、仕事の割り振りを調整してもらえる可能性があります。

仕事の効率化を図る

仕事の効率化を図ることで、同じ時間でより多くの仕事をこなせるようになります。仕事の効率化には、以下のような方法があります。

  • 優先順位をつけて仕事をする
  • タスクを細分化して、一つずつこなす
  • 自動化できる作業は自動化する

また、自分の仕事に対する考え方を少し変えることも大切です。完璧主義を捨てたり、責任感を適度にコントロールしたりすることで、自分だけ仕事量が多いと感じにくくなるでしょう。