記事にPRを含む場合があります

ビジネスメールでの「ご不明な点がございましたら」の使い方と例文

ビジネス

ビジネスメールは、企業内外のコミュニケーションの主要な手段です。

その中でも特に、「ご不明な点がございましたら」のような表現は、相手の理解を深め、必要なサポートを提供するための重要な表現です。

この記事では、その意味と使い方について詳しく解説します。

ビジネスメールでの「ご不明な点がございましたら」の役割

「ご不明な点がございましたら」という表現は、基本的に「あなたが理解できなかったまたは疑問に思った部分があれば、遠慮なくお問い合わせください」という意味を持ちます。

このフレーズは、一方的に情報を伝えるだけでなく、相手に対しても質問やフィードバックの機会を提供する役割があります。

対話の余地を作る

「ご不明な点がございましたら」の表現は、相手に対して自由に質問やコメントを受け入れる用意があることを示すことができます。

「不明点があれば質問してくるはずだ」と思うかもしれませんが、積極的に質問しづらい人もいます。そのような場合には、相手からのコミュニケーションのハードルを下げる効果があります。

思いやりを示す

相手が理解しきれなかった場合のためのサポートを表明することで、あなたの配慮を示すこともできます。

ビジネスメールでの「ご不明な点がございましたら」の使い方と例文

「ご不明な点がございましたら」の使い方

「ご不明な点がございましたら」の表現は、通常メールの結びの部分に位置します。

これは、メール本文で伝えた情報を相手が確認した上で、質問があればいつでも対応すると伝えるためです。

下記のような表現で書かれることが一般的です。

  • ご不明な点がございましたら、ご連絡いただけますでしょうか。
  • ご不明な点がございましたら、別途説明させていただきます。
  • ご不明な点がございましたら、打ち合わせを実施させていただけますと幸いです。

複雑な内容を伝える場合や、詳しく説明が必要と思われる場合には、このようなフレーズを添えると効果的でしょう。

メールの書き出しや締め方については、こちらの記事でも記載しています。

「ご不明な点がございましたら」の例文

件名:新サービスのご紹介

xxxxx様

ご多忙のところ恐れ入ります。弊社の新サービスについてご案内申し上げます。

(新サービスの詳細)

この新サービスが、御社のビジネスにどのように貢献できるかについて、お話しできればと思います。ご興味がありましたら、お知らせください。また、サービスの内容についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

よろしくお願い申し上げます。

[あなたの名前]
[あなたの連絡先]

件名:プロジェクトXの進捗報告

xxxxx様

いつもご協力いただきありがとうございます。以下にプロジェクトXの最新の進捗について報告させていただきます。

(進捗の詳細)

ご確認いただき、引き続きのご指導を賜りますようお願い申し上げます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

宜しくお願い致します。

まとめ

「ご不明な点がございましたら」というフレーズは、効果的なコミュニケーションに役立つフレーズの1つです。

通常は不明点があれば質問をしてきますので、論理的な意味合いはそこまではありません。ただし、相手の理解を尊重しているという意思を示すことで、相手に対する対話の余地や配慮があることを伝えることができます。

分かりやすい説明をするのが大前提ですが、時には複雑な説明が必要なケースもあります。そんな時には「ご不明な点がございましたら〜」というフレーズを活用して、相手への配慮を伝えましょう!