記事にPRを含む場合があります

【年齢別】ソフトバンクまとめて支払いの限度額はいくらで、上げる方法は?

マネー

ソフトバンクまとめて支払いは、ソフトバンク携帯電話を利用している人にとって、便利で安心な決済サービスです。

コンテンツ購入や、オンラインショップなどの代金を、毎月の携帯電話料金とまとめて支払うことができます。

そこで知っておきたいのは、ソフトバンクまとめて支払いの限度額です。本記事では次のような内容について説明します。

  • ソフトバンクまとめて支払いの限度額
  • 限度額を上げる方法

年齢で異なるソフトバンクまとめて支払いの限度額

ソフトバンクまとめて支払いの限度額は基本として年齢で3段階に分けられています。

12歳、20歳になると、限度額の最大2万円、10万円に上がります。

使用者の年齢利用可能額
12歳未満最大 2,000円/月
20歳未満
(もしくは使用者情報の登録がない場合)
最大 2万円/月
20歳以上
(もしくは法人契約)
最大 10万円/月

ここでのポイントは、それぞれの金額は限度額の「最大値」という点です。限度額の下限値は決められていないため、20歳以上でも限度額が1万円などのケースとなる可能性もあります。

利用額の上限値はソフトバンク側で決定されます。

利用可能額の範囲内で、お客さまのご契約内容・ご利用状況などにより、当社にて利用可能額を設定いたします。

ソフトバンクまとめて支払い | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

なお、ソフトバンクが定めた上限値の範囲内で、利用可能額を変更したり、利用制限を設定したりすることも可能です。

ソフトバンクまとめて支払いの限度額を上げる方法

ご契約内容・ご利用状況などによりソフトバンク側で決定するとのことですが、限度額の最大値に達していない場合は上げる方法はあるのでしょうか。

ソフトバンクのまとめて支払いの利用可能額を上げるためには、利用実績を重ねることが重要です。

具体的には、次のようなポイントが限度額を上げるために必要とされています。

  • ソフトバンク携帯を長期間利用
  • 滞納歴がないこと
  • ソフトバンクまとめて支払いを継続的に利用すること

ただし、限度額の引き上げはソフトバンクの判断となり、個々の契約内容や利用状況によって異なるため、必ずしも上がるとは限りません。

ソフトバンクまとめて支払いも、クレジットカードと同様、「たくさん使って、きちんと支払う人」に使ってもらいたいと考えているはずです。利用実績を積み重ねて、優良顧客であるとソフトバンク側に認識される行動を取るのが、限度額引き上げにつながると想定されます。

(参考)ソフトバンクまとめて支払い