記事にPRを含む場合があります

【2024年最新】税抜きの計算方法をわかりやすく解説!電卓やエクセルでの計算方法も紹介

マネー

「あれ、この商品の税抜き価格っていくらだろう?」

買い物中やネットショッピング中に、こんな疑問を持ったことはありませんか?

税込み価格と税抜き価格、どちらで表示されているかによって、商品の値段が変わってきますよね。また、特に個人事業主やフリーランスの方は、確定申告などで税抜き価格を把握する必要があるため、税抜きの計算は必須スキルと言えるでしょう。

そこで今回は、税抜きの計算方法について、基礎から応用、そして便利なツールまで徹底解説します!

この記事を読めば、もう税抜きの計算で迷うことはありません。ぜひ最後まで読んで、税金に関する知識を深めてくださいね。

税抜きの計算方法をわかりやすく解説!

税抜きの計算方法は、以下の公式で表すことができます。

税抜き価格 = 税込み価格 ÷ (1 + 消費税率)

10%と8%の税率を当てはめると下記のようになります。

  • 税率が10%の場合:税抜き価格 = 税込み価格 ÷ 1.1
  • 税率が8%の場合:税抜き価格 = 税込み価格 ÷ 1.08

【具体例で解説】税抜きの計算方法

税率10%で税抜き価格を計算する場合は、以下の公式を使用します。

税抜き価格 = 税込み価格 ÷ (1.1)

例えば、税込み価格が1,100円、消費税率が10%の商品の場合、税抜き価格は以下のようになります。

税抜き価格 = 1,100円 ÷ (1.1) = 1000円

税抜きの計算方法【電卓編】

電卓を使う場合は、以下の手順で計算できます。

  1. 税込み価格を入力する
  2. ÷ボタンを押す
  3. (1 + 消費税率)を入力する ※消費税率は少数で入力(例: 10% → 0.1)
  4. =ボタンを押す

税抜きの計算方法【エクセル編】

エクセルで税抜き価格を計算する場合は、以下の関数を使用します。

=ROUNDDOWN(A1/1.1,0)

A1には税込み価格が入力されているとします。この関数は、税込み価格を1.1で割って、小数点以下を切り捨てた値を返します。

税抜きの計算方法【消費税率8%の場合】

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられましたが、軽減税率の対象品目については8%のまま据え置かれています。

軽減税率8%で税抜き価格を計算する場合は、以下の公式を使用します。

税抜き価格 = 税込み価格 ÷ 1.08

税抜きの計算って何?なぜ必要なの?

税抜きの計算とは、商品やサービスの価格から消費税額を差し引いて、消費税がかかる前の金額を算出することです。

では、なぜ税抜きの計算が必要なのでしょうか?主な理由としては、以下の点が挙げられます。

  1. 価格比較: 税込み価格と税抜き価格を比較することで、よりお得な商品やサービスを見つけることができます。
  2. 確定申告: 個人事業主やフリーランスの方は、確定申告の際に経費を計上する必要があります。この時、経費は税抜き価格で計上するのが一般的です。
  3. 請求書作成: 請求書を作成する際、税抜き価格と消費税額を分けて記載する必要があります。

税抜きの計算時の注意点

税込価格から税抜価格を算出する際には、以下の注意点に気をつける必要があります:

正確な税率の適用

現在の日本の標準消費税率は10%ですが、軽減税率対象品目(食料品など)は8%となります。

適切な税率を使用することが重要です。

端数処理

計算結果に端数が生じる場合、適切な端数処理(四捨五入、切り捨て、切り上げ)を行う必要があります。

法律上明確な規定はないため、事業者側で設定できますが、一貫性を保つことが重要です。