記事にPRを含む場合があります

iPhone/iPadの画面が明るさマックスなのに暗い?原因と対処法

テクノロジー

iPhoneやiPadの画面の明るさを最大にしても、暗いと感じたことはありませんか?

実は、iPhoneの画面が暗くなる原因はいくつか考えられます。ここでは、大きく2つに分けて、その原因と対処法を解説します。

  • 普段は暗いと感じないのに暗くなってしまっているケース(設定によるもの)
  • 普段から屋外などで暗いと感じているケース(ハードウェア仕様によるもの)

iPhone/iPadの画面が明るさマックスなのに暗い原因(機能・設定編)

原因1:本体が熱くなりすぎている

iOS/iPadOS デバイスには、本体が熱くなりすぎないよう保護する機能が組み込まれています。デバイス内部の温度が正常な動作温度範囲を超えると、デバイスは内部のコンポーネントを保護するために自動的に温度調節を試みます。具体的には下記のような状態になる可能性があります。

「ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる。」

(参考)iPhone や iPad が高温または低温になりすぎた場合

原因2:低照度設定がオンになっている

iPhoneには、周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動的に調整する「低照度設定」という機能があります。この機能がオンになっていると、たとえ画面の明るさをマックスにしても、周囲が暗いと画面が暗くなってしまいます。

この設定をオフにするには、以下の手順で行います。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「ズーム」をタップ
  4. 「ズームフィルタ」をタップ
  5. 「低照度」のチェックを外す

原因3:バッテリーの低電力モードがオンになっている

バッテリーの残量が少なくなると、バッテリーを節約するために「低電力モード」がオンになります。このモードがオンになっていると、画面の明るさが自動的に下がるため、画面が暗く見えることがあります。

このモードをオフにするには、以下の手順で行います。

  1. iPhoneのコントロールセンターを開く
  2. バッテリーアイコンをタップ
  3. 「低電力モード」をオフにする

原因4:ホワイトポイントが下げられている

iPhoneの画面の明るさは、明るさスライダーで調整するだけでなく、ホワイトポイントを調整することでも調整できます。ホワイトポイントを下げていると、画面全体の明るさが下がるため、画面が暗く見えることがあります。

この設定を変更するには、以下の手順で行います。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「ディスプレイとテキストサイズ」をタップ
  4. 「ホワイトポイントを調整」をタップ
  5. スライダーを上に動かしてホワイトポイントを上げる

原因5:ダークモードがオンになっている

ダークモードをオンにすると、画面全体が暗い色調になります。そのため、画面の明るさをマックスにしても、画面が暗く見えることがあります。

このモードをオフにするには、以下の手順で行います。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「画面表示と明るさ」をタップ
  3. 「外観モード」を「ライト」に変更

iPhoneの画面が明るさマックスなのに暗い原因(ハードウェアの仕様・経年劣化編)

上記の設定をすべて確認しても、画面が暗いままだと、そもそもの画面輝度が不足しているか、ハードウェアの故障が考えられます。

原因6:ハードウェア仕様上の輝度が不足している

iPhoneはモデルにより最大輝度が異なります。最新モデルの方が最大輝度が大きくなっています。

特に屋外で利用する場合に明るさマックスなのに暗いと感じる場合は、ハードウェアスペック上の輝度が不足している可能性があります。

明るい直射日光下では1,000〜1,200ニト以上の輝度があることが望ましいと言われています。

モデル輝度
iPhone 15 Pro MAX最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
iPhone 15 Pro最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
iPhone 15最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
iPhone 14 Pro MAX最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
iPhone 14 Pro最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
iPhone 14最大輝度800ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
iPhone 13 Pro Max最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
iPhone 13 Pro最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
iPhone 13最大輝度800ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
iPhone SE(第3世代)最大輝度625ニト(標準)
iPhone SE(第2世代)最大輝度625ニト(標準)
引用元:Apple公式サイト iPhone

原因7:経年劣化

ディスプレイは経年劣化で暗くなる可能性があります。液晶ディスプレイのバックライトは、蛍光管やLEDなど、発光する部品が使われていますが、これらの部品は長時間使用していると、徐々に輝度が低下していきます。

また、液晶パネル自体も、経年劣化により、光を透過する能力が低下していきます。そのため、画面全体が暗く見えたり、特定の部分が暗く見えたりすることがあります。液晶ディスプレイの寿命は、使用状況や製品によっても異なりますが、一般的には5年程度とされています。

有機ELディスプレイ(OLED)も、経年劣化で暗くなる可能性があります。

有機ELディスプレイは、有機EL素子と呼ばれる発光体によって映像を表示しています。この有機EL素子は、長時間使用していると、徐々に発光量が低下していきます。有機ELディスプレイの寿命は、液晶ディスプレイよりも短く、一般的には、約2年から3年程度とされています。

まとめ

iPhoneの画面が明るさマックスなのに暗い場合は次の原因をチェックしてみてください。設定を変更することで、画面が明るくなる可能性があります。

  • 原因1:iPhoneが熱くなりすぎている
  • 原因2:低照度設定がオンになっている
  • 原因3:バッテリーの低電力モードがオンになっている
  • 原因4:ホワイトポイントが下げられている
  • 原因5:ダークモードがオンになっている

それでも解消しない場合は、より画面の輝度の高いモデルに買い換えも検討してみてください。