記事にPRを含む場合があります

Outlookメールアドレスの後ろの文字列はどんなの?【MicrosoftのWebメール】

テクノロジー

Outlook(Outlook.com)は、Microsoft社が提供するシンプルで使いやすいWebメールサービスです。

Hotmailの後継サービスとして、2013年2月に正式に開始されました。そのため、メールアドレスの後ろが登録時期により異なっています。

本記事では、Outlookメールアドレスの後ろに関して、どのようなパターンがあるのか整理しました。

複数あるOutlookメールアドレスの後ろの文字列

Outlookメールアドレスは複数のドメインで提供されています。現在新しく取得できるOutlookメールアドレスは以下の3つです。

  1. outlook.jp
  2. outlook.com
  3. hotmail.com

また、過去に取得している場合「hotmail.co.jp」なども継続してOutlookで利用が可能です。

Outlook.comは、Hotmailの機能を包含するアップグレード版という扱いであり、2013年夏までにはすべてのHotmailユーザーが自動でOutlook.comにアップグレードされるという。アップグレード時は、メールアドレス(@hotmail.com、@hotmail.co.jp、@live.com、@live.co.jp)やメール、連絡先、フォルダー、フィルタといったデータが自動で引き継がれる。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1302/19/news110.html

Outlookメールアドレスの後ろの違いについて

これらのOutlookメールアドレスの後ろの文字列には、実際の利用においては違いがありません。

いずれもMicrosoft社が提供する正式なメールアドレスであり、メールの送受信やその他のサービスにおいては同様の機能が提供されています。主な違いはそれらが提供されたタイミングです。

具体的には、Outlookメールアドレスは以下の形式で表されます。

taro.yamada@outlook.com

このメールアドレスは、ユーザ名(識別名)が「taro.yamada」で、ドメイン名が「outlook.com」を使用したメールアドレスです。

メールアドレスの後ろ
(ドメイン名)
提供開始時期備考
hotmail.com新規登録可
msn.com1995年8月24日新規受付終了
hotmail.co.jp2004年11月19日新規受付終了
live.com2007年11月8日新規受付終了
live.jp2007年11月8日新規受付終了
outlook.com2013年2月18日新規登録可
outlook.jp2013年2月18日新規登録可

Outlookのメールを使うには

Outlookメールを利用するためには、以下の手順を踏んでください。

  1. Microsoft Outlookの公式サービスページにアクセスします。
  2. すでにアカウントを取得している場合は、「サインイン」をクリックしてアカウントにログインします。
  3. アカウントをまだ持っていない場合は、「無料アカウントを作成」をクリックし、指示に従って新しいOutlookメールアカウントを作成します。

Outlook.comは、シンプルで使いやすいWebメールサービスです。メールを送受信するだけでなく、予定表や連絡先との連携も可能なので、ビジネスやプライベートで幅広く活用することができます。

アカウントの作成時期により、Outlookサービスのメールアドレスの後ろ(ドメイン名)が異なりますので注意しましょう。