記事にPRを含む場合があります

徳川家康の名言「人の一生は」の全文とその意味について

ライフ

徳川家康の名言として「人の一生は」で始まるものがあります。

本記事ではその全文と意味について解説します。

徳川家康の名言「人の一生は」の全文

徳川家康の名言「人の一生は」の全文は次のとおりです。

「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。及ばざるは過ぎたるよりまされり。」

徳川家康の名言「人の一生は」の意味

人生は、重い荷物を背負って遠い道を行くようなものである。急ぐ必要はない。不自由が当たり前と思えば、不満は生じない。心に欲が生じたときは、苦しかったときを思い出しなさい。足りない方が、やりすぎてしまったものよりは優れている。

解説

この名言は、徳川家康の遺訓として伝えられています。家康は、戦国時代に天下統一を果たし、江戸幕府を開いた武将です。この名言は、家康の人生経験に基づいた、人生を生きるための教訓が込められています。

第一の「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。」は、人生は長く、苦しいことも多いが、努力と忍耐をもって一歩一歩進み続けることが大切であるという教えです。

第二の「不自由を常と思えば不足なし。」は、不自由が当たり前と思えば、不満は生まれないという教えです。

第三の「心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。」は、心に欲が生じたときは、苦しかったときを思い出して、欲望を抑えなさいという教えです。

第四の「及ばざるは過ぎたるよりまされり。」は、足りない方が、やりすぎてしまったものよりは優れているという教えです。

この名言は、現代の私たちにも通じる普遍的な教えであり、人生を生きる上での指針となるものです。

徳川家康について

徳川家康は、戦国時代から江戸時代初期の日本の武将で、江戸幕府初代将軍。

家康の政治手法は、武力による強制よりも、徳政や外交などによる懐柔を重視したものでした。また、大名の力を抑え、幕府の権力を強める政策を行いました。

家康は、戦国時代の混乱を収束させ、江戸時代の安定を築いた、日本の歴史において最も重要な人物の一人です。