記事にPRを含む場合があります

【Gmail 】ドメイン(@の後ろ)の初期値と変更方法・別のメールアドレス作成について

テクノロジー

Gmailは、Googleが提供する無料のWebメールサービスで、多くの人が利用しています。

Gmailのアドレスは、「@」の後ろに続く部分がドメイン名になりますが、実はこの部分は法人向けのサービスを契約すると変更ができます。

この記事では下記の方法について解説します。

記事の内容
  • Gmailのアドレスのドメイン(「@」の後ろ)を変更する方法
    (ビジネス向けのサービス契約要)
  • 「@」の後ろはそのままで、ユーザ名の後ろに文字列を追加してメールアドレスを増やす方法
    (だれでも利用可)

Gmailのドメイン(@の後ろ)の初期値と変更方法

Gmailのドメインは「gmail.com」

Gmailのメールアドレスは、「ユーザ名@gmail.com」という形式です。

@の後ろの文字列は「gmail.com」で、これをドメイン名といいです。

@の前のユーザ名は利用者ごとに設定できるようになっています。

有料版のGmail(Google Workspace)でドメインを変更可能

Gmailの「@」の後ろの「gmail.com」は無料のGmailでは変更不可ですが、有料版のGmail(Google Workspace)を契約することで変更可能です。

下記がGoogle Workspaceで独自ドメインを使う方法の手順です(新規ドメイン取得の場合)。

独自ドメインのメールアドレスがすでにある場合は、Google Wokrspaceの利用にあたり、DNSのMXレコードの変更などが必要になります(詳細はGoogle公式サイトなどで確認ください)。

Gmailのドメイン名変更方法
  • Step1
    Google Workspaceのアカウントを作成する

    Google Workspaceのアカウントを作成する必要があります。Google Workspaceのサイトにアクセスし、新しいアカウントを作成します。

  • Step2
    ドメインを登録する

    独自ドメインを使用する場合は、ドメインを登録する必要があります。登録したいドメイン名を入力し、使用可能かどうかを確認します。登録が完了したら、ドメインの管理者としてGoogle Workspaceに追加します。

  • Step3
    ドメインの所有権を確認する

    ドメインの所有権を確認するために、ドメインのDNSレコードを変更する必要があります。Google Workspaceの管理コンソールにアクセスし、ドメインの所有権を確認します。所有権が確認されたら、Google Workspaceでのドメインの設定を完了することができます。

  • Step4
    Google Workspaceでメールアカウントを作成する

    Google Workspaceの管理コンソールにアクセスし、メールアカウントを作成します。メールアカウントを作成する際には、独自ドメインを使用するように設定します。

  • Step5
    Google Workspaceでメールを送受信する

    Google Workspaceでメールアカウントを作成したら、独自ドメインを使用してメールを送受信することができます。Gmailのように、Google Workspaceのメールアカウントも、ウェブブラウザや専用のメールクライアントを使用してアクセスすることができます。

ユーザ名の後ろに文字列を追加!別のメールアドレスを作る方法

Gmailを用途ごとに使い分けるための機能として、エイリアスが用意されています。エイリアスとは別名という意味です。

これはドメイン名の変更とは異なり、無料のGmailで誰でも利用できます。

方法はシンプルで、ユーザー名の後に「+文字列」を追加して利用するだけです。特に設定をすることもなく別のメールアドレスを作ることができ、用途ごとに使い分けや分類の目的で利用できます。

たとえば、次のエイリアス宛に送信されたメールはすべて janedoe@gmail.com に届きます。

janedoe+school@gmail.com

janedoe+notes@gmail.com

janedoe+important.emails@gmail.com

特に事前の設定は必要なく、相手に伝えたり登録したりする際のメールアドレスを、自身の通常のGmailのユーザ名を上記のように変更するだけです。

詳細はGoogleの公式サイトに記載があります。