記事にPRを含む場合があります

あぜあの人は話が通じないのか?頭が悪い人と思われないための説明のコツ

ビジネス

頭が悪い人と思われないためには、説明の仕方が非常に重要です。

私たちは皆、時には他人に何かを説明する必要がありますが、それが上手くいかないと、相手から「頭が悪い」と思われてしまうこともあります。

この記事では、そういった誤解を避けるためのコツを紹介します。

頭が悪い人と思われないための説明のコツ

ここでは、頭が悪いと思われないためには、説明の仕方が非常に重要です。ポイントは次の4つ。

  • シンプルな言葉を選ぶ
  • 話の流れを意識する
  • 具体例を挙げる
  • 質問をする

シンプルな言葉を使う

専門用語を使うと知識を持っていることをアピールできます。そのため、やたら専門用語を使いたがる人がいますが、伝えるという観点では相手を見る必要があります。

専門用語は、特定の分野で共通的に使われる言葉であり、その分野に詳しくない人にとっては理解しにくい場合があります。一方、シンプルな一般用語は、日常生活で広く使われている言葉であり、多くの人が理解することができます。

もちろん、状況によっては専門用語の方が適切な場合もあります。 例えば、専門家同士で議論している場合や、専門知識を必要とする説明をしている場合などは、専門用語を使う方が効率的です。しかし、一般の人々に情報を伝えたり、共感を得たり、行動を促したりしたい場合は、シンプルな一般用語を使う方が効果的です。

一番伝えたいことは何か、ひとことで言うとどのようなメッセージなのかを意識しながら、シンプルなことばで説明するようにしましょう。

流れを意識する

物事を伝えるためには、伝わりやすい順番というものがあります。

伝えるべき順を整理する際の主な観点は以下の通りです

時系列

時間の経過に沿って、過去から現在に至る流れで順序立てて説明する。出来事や情報を時間軸に沿って配置することで、全体の流れが把握しやすくなります。

大きさ

大きな概要から小さな詳細へと段階的に説明する。全体像を先に示し、その後で個々の部分を説明することは理解しやすい順の1つです。

重要度

最も重要な情報を先に伝え、次に重要なものへと順番に説明する。相手にとって重要な情報を的確に捉え、優先順位をつけて話すことで、相手の興味に基づき理解を促進することができます。

説明がわかりづらい場合、上記のような観点でストーリーが整理できていないことが多いです。

何らかの観点に基づき順序立てて説明をすることで、物事をより分かりやすく伝えることができます。また、関連する情報をまとめて説明することも理解を促進するポイントです。

具体例を挙げる

うまく説明が伝わならない人は、抽象的な説明や概念的な説明はしているものの、具体的にどうなるかというのを説明していないことが多いです。

具体例は、情報を理解しやすく、記憶に残りやすく、共感や理解を促進し、思考を整理し、論理的に説明しやすくするなど、様々なメリットがあります。頭がいい人は、状況に応じて抽象と具体を使い分けることができ、効果的にコミュニケーションを取ることができます。

抽象的な概念を説明するときは、具体例を挙げると理解しやすくなります。例えば、「車が速い」と言うよりも、「この車は時速100キロで走ることができます」と言った方が伝わりやすいでしょう。

具体例を上げることで、相手が情報をより理解しやすく、記憶に残りやすくなる理由はいくつかあります。

情報を具体化し、本質を捉えやすくする

人間は、抽象的な概念よりも具体的な情報を理解しやすい脳の構造をしています。具体例は、抽象的な概念を具体的なイメージに落とし込み、本質を理解しやすくする役割を果たします。

例えば、「このプロジェクトを成功させるためには、チームワークが重要だ」という抽象的な主張よりも、「メンバー間で積極的にコミュニケーションを取り、互いの意見を尊重することで、より良い成果を生み出すことができる」といった具体的な例を挙げると、自分の考えを論理的に説明しやすくなります。

また、具体的な例は、自分の思考を整理し論理的に説明しやすくします。抽象的な情報だけだと、自分の考えが整理しにくかったり、論理的に説明しにくかったりすることがあります。

共感や理解を促進し、コミュニケーションを円滑にする

具体的な例は、相手との共感や理解を促進し、コミュニケーションを円滑にします。抽象的な情報だけだと、相手が何を言っているのか理解しにくかったり、共感しにくかったりすることがあります。

例えば、「仕事が忙しい」という抽象的な情報よりも、「今週は徹夜続きで、疲労困憊だ」といった具体的な例を挙げると、相手も共感しやすく、状況を理解しやすくなります。

頭がいい人は抽象と具体をうまく切り替えられる

頭がいい人は、状況に応じて抽象と具体を使い分けることができます。

  • 抽象的な思考力:物事を俯瞰的に捉え、本質を見抜く力
  • 具体的な思考力:具体的な情報を整理し、論理的に考える力

頭がいい人は、これらの両方の思考力を持っているので、状況に応じて適切な表現を使い分けることができます。

例えば、プレゼンテーションをする際には、まず抽象的な概念を説明し、次に具体的な例を挙げて説明することで、聴衆の理解を深め、説得力のあるプレゼンテーションをすることができます。

質問を積極的に使う

相手の理解度を確認するために、質問を使ってコミュニケーションを進めることが重要です。相手の反応を見ながら、説明を調整していきましょう。

質問をすることで、相手が自分の話をどの程度理解しているのかを確認することができます。理解していない部分があれば、補足説明したり、言い換えて説明したりすることができます。


また、相手が自分の話についてどう考えているのかを引き出すことができます。相手の考えを知ることで、より効果的なコミュニケーションを取れるでしょう。

人は話を聞いているようで実はあまりちゃんと聞いていないことも多々あります。相手に質問をすることで、参加意識を高めることができます。

まとめ

繰り返しになりますが、頭が悪いと思われないためには、説明の仕方が非常に重要です。ポイントは次の4つ。

  • シンプルな言葉を選ぶ
  • 話の流れを意識する
  • 具体例を挙げる
  • 質問をする

上記のポイントを意識することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。