記事にPRを含む場合があります

iPhoneのモバイルデータ通信オンオフどっちがいい?

テクノロジー

iPhoneを使うときに、「モバイルデータ通信」の設定で迷ってしまうケースがあるようです。

本記事では、モバイルデータ通信の設定(オン/オフ)の意味と、どちらがよいかを解説します。

モバイルデータ通信オンオフどっちがいい?

そもそもモバイルデータ通信の意味は?

モバイルデータ通信とは、携帯電話会社が提供する携帯電話回線を利用してインターネットに接続する通信方法です。

携帯電話の画面上部に「4G」「LTE」「5G」などの表示が出たことがあるかと思いますが、これがモバイルデータ通信を利用している証拠です。

これらの電波を受信することで、スマホをインターネットに接続することができます。

モバイルデータ通信を利用すれば、Wi-Fi がない場所でも以下のことができます。

  • ウェブサイトの閲覧
  • アプリの利用
  • 動画の視聴
  • メールやSNSのやり取り
  • 地図アプリの利用
  • 音楽のストリーミング再生

モバイルデータ通信をオフにしても通話機能は有効なままです。

(参考)https://support.apple.com/ja-jp/109323

モバイルデータ通信オンオフどっちがいい?

モバイルデータ通信は基本的に「オン」にしておくべきです。オフにすると、携帯の電波を使ったデータ通信ができなくなり、スマートフォンとしての本来の使い方ができなくなりなります。

一方で、モバイル通信を使わず、WiFiのみでデータの送受信をしたい場合はモバイルデータ通信をオフにするようにしましょう。

国外旅行やデータ通信料が高額な場所など、通常よりもデータ通信の料金が高い状況では、モバイルデータ通信をオフにしてWi-Fiに接続することで通信料金を節約できます。

下記のようなシーンにおいてWiFiが使える環境があり、携帯電話でモバイル通信を使いたくない場合はモバイルデータ通信をオフにしましょう。

  • 大容量のファイルをダウンロードする場合
  • オンライン会議に参加する場合
  • 高画質の動画を視聴する場合

WiFiに接続されていると、基本的にはWiFiの電波を使ってデータの送受信が行われます。iOS9以降では、Wi-Fi アシストを使って、Wi-Fi の接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能が利用できます。この機能がオンの場合は、Wi-Fiに接続されていてもモバイル通信を利用する場合があります。

(WiFiアシストについて)https://support.apple.com/ja-jp/102228

モバイルデータ通信オンオフの設定方法

モバイルデータ通信オンオフの設定は、機能自体のオンオフとアプリごとのオンオフの設定ができます。

モバイルデータ通信自体のオンオフを設定する方法

  1. 「設定」アプリ開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイルデータ通信」スイッチをタップ
    ※緑色になっている場合はオン、灰色になっている場合はオフの状態です。

必要に応じて「データローミング」を設定しましょう(海外でのデータ通信に限定して設定したい場合は、「データローミング」オプションにてオンオフを切り替えられます)

モバイルデータ通信をオフにしても通話やWi-Fi接続は引き続き利用できます。

アプリごとにオンオフを設定する方法

  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 画面を下へスクロールすると利用しているアプリ一覧が表示されるので、アプリごとにスイッチをタップして設定
    ※緑色になっている場合はオン、灰色になっている場合はオフの状態です。