記事にPRを含む場合があります

【パソコン】小さい「つ」のキーボードでの打ち方

ビジネス

日本語の入力において、小さい「つ」の入力は頻繁にでてきます。

しかし、初心者の場合、小さい文字の打ち方が分からずに、悩んでしまうことがあります。

そこで本記事では、パソコンのキーボードを使った小さい「つ」の具体的な打ち方を説明します。

記事の内容
  • 小さい「つ」の打ち方
  • 小さい文字の打ち方とローマ字打ち方表

小さいつの打ち方

小さいつは次のいずれかの方法で入力できます。

どれも小さいつを入力できるのは同じですので、文字数の少ない「LTU」か「XTU」で覚えくとよいでしょう。

  • L -> T -> U (エル・ティー・ユー)
  • X -> T -> U (エックス・ティー・ユー)
  • L -> T -> S -> U (エル・ティー・エス・ユー)
  • X -> T -> S -> U (エックス・ティー・エス・ユー)

「パソコンでの小さい文字の打ち方」とローマ字打ち方表

パソコンで小さい文字の打ち方についてもっと知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

「パソコンでの小さい文字の打ち方」とローマ字打ち方表