記事にPRを含む場合があります

面接結果待ちで死にそう…心が落ち着かないときの考え方

ビジネス

面接が終わって結果が出るまでの時間って、本当に長く感じますよね。特に、重要な面接であればあるほど、期待と不安で心が落ち着かないものです。

「もう結果出てないかな?」「落ちたかも…」「受かってるといいな…」と、頭の中をぐるぐる色々な考えが駆け巡ってしまうことでしょう。

そこで本記事では面接結果待ちで心が落ち着かない時におすすめの考え方を解説します。

面接結果がなかなか来ないのは不合格だから?

面接結果待ちで不安を感じるのは普通のことです。しかし、結果が遅いからといって必ずしも不合格を意味するわけではありません。

企業によって面接結果の連絡のタイミングは異なります。合格・不合格の決定プロセスも企業によって異なるため、結果が遅いからといって落胆する必要はありません。

待つ間は他の面接の準備や自己分析など、前向きな行動をとることをおすすめします。焦らずに落ち着いて待つことが大切です。結果が出るまでは他の選考に集中するのが賢明です。

面接結果待ちで死にそう…心が落ち着かないときの考え方

現状をあるがまま受け入れよう

面接が終わってから結果が出るまでは、基本的にできることがありません。

過去に対してできることはないのですから、焦ったり不安になったりしても仕方ありません。大切な面接であればあるほど気になる状況かとは思いますが、過去に対してできることはないと理解し、まずは現状を受け入れるようにしましょう。

心が落ち着かない理由としては、まだ何かできるかも、自分の期待通りになってほしいという思いがあります。

しかしながら、過去を変えることはできず、過ぎた面接に対してできることは、ただ待つのみです。また、過度な期待をやめて、現状をあるがまま受け入れることで心が楽になる場合もあります。

気持ちを切り替えて他のことに集中する

連絡を待つしかない状況に、焦燥感や不安を募らせてしまうのも無理はありませんが、気持ちを切り替えて、他のことに集中しましょう。

そんな時は、あえてその面接のことを考えないように、他のことに集中してみるのがおすすめです。

  • 次の面接に向けて準備をする
  • 趣味に没頭する
  • 運動をして汗を流す
  • 友達と会って楽しい時間を過ごす
  • 読書や映画鑑賞など、好きなことに時間を忘れる

もちろん、面接のことを完全に忘れるのは難しいかもしれません。それでも、少しでも不安な気持ちを和らげるのに役立つでしょう。

結果が出たら、その時に考えればいい

結果が出たら、合格・不合格に関わらず、その時にしっかりと考えればいいのです。今は、目の前のことに集中して、充実した時間を過ごしましょう。

どうしても気持ちが落ち着かない場合は、信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう。友人や家族、あるいはキャリアセンターなど、あなたの不安な気持ちを聞いてくれる人は必ずいます。

面接結果待ちの時間は、誰にとっても辛いものです。しかし、焦ったり不安になったりしても、何も解決しません。できることは限られているということを受け入れて、前向きに過ごせるように努力しましょう。