記事にPRを含む場合があります

「行きづらい」vs「行きずらい」正しい表記となぜ間違えてしまうのか

ライフ

「行きづらい」と「行きずらい」どちらが正しいか、ふと迷うことはないでしょうか?

この記事ではどちらが正しいのかと、「づらい」と「ずらい」についてなぜ間違えてしまうのかを説明します。

「行きづらい」vs「行きずらい」:どちらが正しい?漢字で書くと「行き辛い」

まず最初に、「行きづらい」と「行きずらい」のどちらが正しいのか疑問に思っていると思いますが、この答えは「行きづらい」が正しい表記です。

日本語の「づらい」を漢字で書くと「辛い」と書きます。動詞の連用形について、何かをするのが難しい、または困難であることを表します。

したがって、「行きづらい」は「行くのが難しい」または「行くのが困難である」を意味します。

一方で、「ずらい」は存在しない形であり、このため、「行きずらい」は誤った表記となります。

づらいとずらいの使い分け

次に、「づらい」と「ずらい」の使い分けについて質問している人もいるようです。

ここで注意するべき点は、「ずらい」自体が誤った表記であるという事実です。「づらい」は接尾語として正しい使用法がありますが、「ずらい」は存在しません。

したがって、使い分けを考えるよりも、常に「づらい」を使用すると覚えておくことが一番簡単で間違いない方法です。

なぜ「ずらい」と誤解してしまうのか

それでは、「行きずらい」などの「ずらい」と誤解される理由は何でしょうか。

「ず」と「づ」の発音は、日本語の標準語においては実質的に同じとされています。

発音と書き方の間には若干の違いが存在するため、混乱を招くことがあります。