記事にPRを含む場合があります

10フィートの長さは何センチ?単位フィートの基礎知識

ライフ

長さの単位としてフィートは、アメリカやイギリスなどで一般的に使われています。

しかし、日本ではあまり馴染みがなく、例えば10フィートが何センチかわからない人も多いでしょう。この記事では、フィートの基礎知識について解説します。

10フィートの長さは何センチ?

フィートとメートルを変換する際には、1フィートが30.48センチメートル(0.3048メートル)であることを覚えておくと便利です。

10フィートをセンチメートルに変換する場合には、以下の式を使うことができます。

10フィート × 30.48 = 304.8センチメートル = 3.048メートル

フィートの基礎知識

フィートとはどんな単位

フィートはヤード・ポンド法における長さの単位です。

足の長さをもとに1フィート=約30センチとなっています。

日本における尺(=0.30303メートル)も足をもとにした長さの単位です。

フィートとインチの関係

1フィート=12インチと決められています。フィートは足の長さで、インチは指の幅を基準にした単位です。

ちなみに、1インチ=2.54センチメートル。日本の1寸=3.0303センチメートルも指の幅を基準にした単位です。

1フィート =12インチ = 30.48センチメートル
1尺    =10寸   = 30.303センチメートル

国際フィートとは?

同じフィートという単位でも、イギリスとアメリカではその長さが微妙に異なっていました。

イギリス:0.304798メートル
アメリカ:0.304800メートル

そこで、長さを統一するため1959年に国際フィート単位が運用開始され、1フィート=0.3048 メートルと定められました。

日本でも耳にするフィートの利用シーンは?

日本でもコンテナの大きさや飛行機の飛行高度ではフィートが使われています。

  • 輸送コンテナの大きさ
  • 航空機の飛行高度スポーツの競技場

フィートとセンチの換算表(1〜10フィート)

フィートセンチメートル
130.48
260.96
391.44
4121.92
5152.4
6182.88
7213.36
8243.84
9274.32
10304.8